2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

Entries

ごちうさ、ラングドシャ

ローソンで。
DSCF7706_R.jpg
買ってしまいました、つい。350円弱だったと思います(笑) 長男がごちうさ好きなので、そのまま、長男にお土産と称してあげました。
拍手する

三ヶ根山

6/10、梅雨の貴重な晴れ間だと聞いてウズウズ。今回は幸田町にやってきました。三ヶ根山です。登山道はいくつかあるのですが、今回は幸田町が推しているハイキングコースを使いました。

車で来ましたが明確な駐車場はないです。道路の幅員が広がって駐められる箇所がありました(34.823593, 137.163564)ので、そこに駐めて登山スタートです。
DSCF7715_R.jpg
右が車をとめた林道。この林道の行き着く先は行き止まりになり、登山道はありません。バリエーションルートもなさそうな行き止まりです。よって、案内版の通り、左を進みましょう。

案内版がちょこちょこあるので、迷うことはないと思いますが、帰りが要注意です。
DSCF7716_R.jpg
ちょっとした小川沿いを歩くので、しばらくは水のちょろちょろ流れる音を聞きながら進んでいきます。
DSCF7719_R.jpg
倒木が何カ所かありますが、通れないほどではありません。少し地面がジメジメして、油断してると滑ります。メマトイかな、虫が寄ってきますので、防虫スプレーを持参したほうが良いと思いました。ヒルは見かけていません。ただ、登山する人が少ないからか、一部がヤブ化しつつあります。今回は誰1人として、すれ違いがありませんでした。
DSCF7721_R.jpg
40分ほど登ると、スカイラインの道路が見えてきます。
DSCF7723_R.jpg
三ヶ根観音があり、あじさいが綺麗。
DSCF7725_R.jpg
三河湾が一望できちゃいます。スカイライン沿いのアスファルトからはどこも景色が綺麗です。ちょっとした展望台や日陰ベンチ、お手洗いもありますし、売店も2~3件はやってそう。自販機もありますので、ここで一息つきました。
DSCF7731_R.jpg
山頂の施設らは、大半が廃墟と化し、かつてのスカイライン神話の夢の跡を感じずにはいられません。
DSCF7733_R.jpg
ロープが張られて立ち入りはできないようになっています。。。荒れ放題です(笑)

さて、かつてあった三ヶ根ロープウェイ。その山頂駅を目指します。廃墟マニアのページでも紹介があるぐらい、ちょっと有名な場所です。車なら、34.815374, 137.163826 に駐車スペースがあり、ロープウェイ廃墟に行ける小道があります。
DSCF7741_R.jpg
途中、三角点に行ける分岐版があるのですが・・・
DSCF7739_R.jpg
背丈くらいあるヤブが覆い茂っており、行くのやめました。
DSCF7735_R.jpg
戻って、山頂駅の跡地へ。
DSCF7736_R.jpg
ロープウェイの土台コンクリだけが、残っています。
DSCF7737_R.jpg
ツタが絡みまくり、てれうさ以上に時を刻んでいるのですね(昭和40年頃にできたとのこと)。
DSCF7738_R.jpg
形原温泉への登山ルートもあるようです。

帰りは、分かりにくいY字路があり、右に進んで行かねばです。こっちから来たはずなのに・・・失念してしまうぐらい分かりにくい。案内版が倒れて、埋もれかかっているので尚更です。
DSCF7722_R.jpg
てれうさ、太い道につられて数百メートル突き進み、間違えています。
sanganee.jpg
山頂の土産屋の廃墟っぷりが、昭和40年代の高度成長期の夢の果て-・・・ という感じで、ノスタルジックと、三河湾の絶景とが、良い具合に融合していました。とはいえ、あじさい祭りで、そこそこドライブウェイには車が来ていて、オープンしている店もありますので、完全にもぬけの・・・というわけではないのでご安心を。三角点があるほうに、ロープウェイの廃墟跡があります。小道が整備されていて、ちゃんと行けるようになっています。三角点はヤブ化していて難しいかもしれません。

三ヶ根スカイラインは20時閉鎖のため、夜景を見たいならば、登山しかないでしょう(笑) ただし、廃墟と相まって、なかなかスリルがありそうですが。形原温泉と山頂を結ぶ登山ルートもあるよう(ロープウェイ山頂駅廃墟に至る山道に、案内版が立ってました)です。幸田町のハイキングコースでしたが、国土地理院地図には存在しないルートになっていました。

 山頂高 三ヶ根山 324m
 タイム 往復2時間ほど
 面白さ ★★★★☆
 眺望さ 三河湾と幡豆の町並みを一望
 難易度 ★★☆☆☆
拍手する

東京電気大学

大学受験を考える長女に、いろいろな大学からDMが届く。そんな中、目を引いたのが東京電機大学。
tokdensi_R.jpg
安田学長、ばんざーい♪
DSCF7713_R.jpg
JPEG発明者なんですね・・・知りませんでした。感興(かんきょう)とは、見聞して興味がわくこと だそうです。

昔に比べて、キャンパスのDMも、堅苦しいモノではなく、アニメ調だったり、カフェや学内の充実設備をアピールなど、単なる勉強施設ではない感が、時代の流れを感じます。ゆとり世代・・・いいなあ。イマドキの大学、構内にスタバとかあるんですよ、学食も充実してるみたいだし。

我々は第二次ベビーブームの中、高校受験や大学受験をし、就職するときは、バブル崩壊後の氷河期と、考えれば激動な中生きてきた分、生命力は強いのかもしれませんけどー(笑)
拍手する

ガヴリールドロップアウトめぐりへ

月曜日。会社の出張がおわった後、23号でぱあーっと西に向かいます。平日の移動は空いていて良いものです。途中、高速取り締まりのバイクが、合流車線からばーっと出てきました。私は走行車線をゆるりと流していましたので、私ではなく、追い越し車線を走っていた別の人を追っていきました。豊橋あたりからの高架23号は要注意です。

やってきました、浜松市♪ まずは、弁天島から。弁天島海浜公園に410円の有料駐車場があり、そこから散策&温泉旅に突入です。弁天島の駅にどどーんとポスターがありました。
DSCF7700.jpg
ガヴリールドロップアウトの舞台であります。といいつつ、てれうさ、肝心のアニメはまだ観ていないのですけど(笑)
20170605_001_R.jpg
弁天島。浜名湖と海が繋がる境目で、潮干狩りもできます。みなさんも是非どうぞ。開春楼さんの日帰り温泉に慌ただしく浸かって、次の目的地を目指します。
20170605_002_R.jpg
浜松駅と浜松城も巡りポイントがありますが、この日はさすがに回る時間がなく・・・日暮れ前に行かなくちゃと小國神社です。
DSCF7703_R.jpg
ここいらでは有名な神社で、結構な浜松の車には小國神社ステッカーが貼ってあります。
20170605_005_R.jpg
浜松は自分の生まれ育ったところなので、地元ならではの渋滞しない道路などを走ると、やはり地元は懐かしいです。

自分の出身高校を通り過ぎながら、変わった町の景色と変わらない景色と混在する中、不思議な感じ。今は中高一貫になっちゃいましたからね、、、卒業前にちょうど校舎建て替え時期と重なり、プレハブで授業を受けるという・・・ある意味アタリの高校生時代でしたけど(笑) それ故、高校生活の思い出も結構、濃いものになったのです。

浜松駅から小國神社を目指す場合、天竜川の堤防沿いの道路、県道343、もしくは、県道344号がオススメです。信号がごく少ないので、磐田の「浜松ホトニクス 三家工場」まで気持ち良く走れます。

そうそう、浜松市は「苺ましまろ」の舞台でもあります。佐鳴湖、浜松駅です。コミック買って背景を見ていると、ああーっ、て思うところが何個か見つかりますので、ガウリールだけでは物足りないアナタ、是非抱き合わせでどうぞ♪ 舞台めぐりの100%コンプのために、今度は浜松城と浜松駅を巡りたいと思います。
拍手する

のうりん舞台巡りへ

アンドロイドの舞台めぐりアプリ。
DSCF7696_R.jpg
氷菓の高山めぐりが昨年100%コンプしたところ、巡るポイント追加されて89%にダウン。また行きたいな~と思っていたところ、高山までは片道3時間ちょいかかる。移動時間だけで、ゆっくりもできないなーと考えているウチ、寝落ちしてしまった金曜日の夜。

目覚めたのは土曜日AM6時半。今日は高山は見送って、のうりん である美濃加茂を巡ろう!
DSCF7663_R.jpg
一般道の渋滞がなかったので、高速道路は使わずに相生駅まで北上。ここまで来ると、だいぶ涼しい。
20170603_003_R.jpg
窓全開で気持ち良くドライブできました。

美濃加茂市まで南下して、みのかも健康の森、よろこびの砦から。344mの山頂まで来るとチェックインできるポイントがあります。ヤマノススメ、三つ峠を思い出しますねー・・・友達が舞台めぐりでチェックインしていたものです(自分はやり忘れてた)。
DSCF7684_R.jpg
遠くに御嶽山が見えます。。。まだ雪が残っているんですねえ。

さて、次のポイントである昭和村へ。
DSCF7687_R.jpg
入園料840円、ベッキーステージへれっつらごー!!!
20170603_007_R.jpg
ここの昭和村、レトロな雰囲気がちょこちょこあり昭和生まれとしては懐かしい。

しかし、いかんせん、だだっぴろい公園から脱却できていません。フードコードがちょこちょこクローズしてる、天気の良い土曜日、かき入れ時だというのに入園者数は少ない。昭和銭湯里山の湯を目当てできたのに、屋根修理中で休館中www 8月くらいから再開するらしいです。
DSCF7692_R.jpg
至る所が昭和に染まりきれていない・・・昭和村はテコ入れが必要だと思います。

道の舗装なんておやめなさい。温泉は、超絶古い木造ちっくな日本家屋温泉とし、そこに続く、駄菓子や屋台、レトロショップ街を作ればいいね。イメージは千と千尋の神隠し。私がオーナーだったら、安くで宿泊もできる簡易宿泊所、レトロショップ、旧式の屋台で埋めて、川や橋、狭い路地を多用して、迷路みたいな温泉街を作るけどね。広場では凧揚げやら、ラジコン疾走だとか、今はやれなくなった遊び場を提供するとか。折角、高速道路のSAに接続しているのだから、昭和価格の仮眠スペースを提供してあげたらいい。

アルパカが見られたのは良かったです(昭和に関係ないけど)。君の名は のコラボ商品もいいけど、のうりんコラボ商品もお願いしますよー・・・

場所かわって、まゆの家。
20170603_010_R.jpg
こびの天狗山。玄米の五平餅が気になります。
20170603_009_R.jpg
天狗ゆかりの、興味深い神社でした。
DSCF7693_R_20170603222253739.jpg
そんなこんなで、一日で巡れて100%コンプ。
DSCF7695_R.jpg
登山する以外は、車でアクセスできる場所ばかりです。

ただ、長良川鉄道さんによる、のうりん(りんご、みのり)のパネル展示はなくなっていたように感じます(駅構内にたくさん人がいたたため、しっかり視認しておらず・・・ですが)。「のうりん」は少しアダルトネタがある関係上、なかなか地域が絡みにくいのかもしれません。その点、ガールズ&パンツァー(大洗)、ヤマノススメ(飯能)、ラブライブ(沼津など)、あの花(秩父)などはうまくいってますよね。
拍手する

三上山

滋賀の富士山・・・近江富士とも呼ばれている三上山(みかみやま)。南からこの山を見ると確かに富士山のようにも見えます。写真は東から撮っているため、若干頂上が潰れたように見えていますが・・・

近江富士花緑公園からハイキングで登ることもできるのですが、いかんせん犬連れ禁止の看板がwww 今回はわんこと登ろうとやってきたため、仕方なく違う登山口を探します。
P5273316_R_20170601225409be8.jpg
35.049421, 136.031124 に6台ほど駐められる無料駐車場がありました。なかなか空いてないかもしれません。その場合は、御上神社さんに駐めて、参拝かねて登山する方も多いみたいです。
P5273337_R.jpg
すぐ登山口はあります。
P5273317_R.jpg
案内版が豊富なので、迷うことはないです。
P5273319_R.jpg
登山する人もそこそこ多くて、踏み跡もしっかりしています。私は登りは表ルートを使いました。距離が短いぶん、後半に岩登りがあるという、犬連れにはかなり厳しいルートでした。ただし、岩場からの眺めはとても良かったです。場所によっては、岩場が切り立っているところがあるので、滑落したら大怪我しかねない箇所もあるので、油断されぬよう。
P5273322_R.jpg
割岩は、80キロ超の体重の人はおそらく通過できないwww
P5273323_R.jpg
表ルートは見晴らしの良い箇所がいくつかあります。新幹線が遠くないので、通過音がふぃーっと入ってくるのも、バリ登山している中で不思議な感じです。
P5273330_R.jpg
頂上付近ではちょっとした建造物があります。付近は岩場の展望台になっていて、お弁当を広げて昼食をとっていたグループがいました。
P5273333_R.jpg
山頂はちょっと奥になります。
P5273334_R.jpg
下山は裏ルートを使いました。こちらは、岩場はほとんどなく、傾斜も緩めになります。犬連れなら是非、登りも下りもこちらで(笑)
mikamiyamma.jpg
今回は西から登りましたが、犬連れでなければ、西の公園には駐車場がいっぱいありますので、そちらからのウォーキングも良いかと思います。ネット情報によると、公園側からの登山は結構、道が整備されているようですので、危険箇所もないようです。

 山頂高 三上山 432m
 タイム 往復2時間かからない
 面白さ ★★★★☆
 眺望さ 岩場ルートはアスレチックみたいで楽しい
 難易度 ★☆☆☆☆
拍手する

ポカミスが多い

最近、久しぶりに、ソフトウェアの設計書の作成と、コーディングをする機会がありました。が、いろいろとポカミスしていました。

設計書の書き間違いや、ちゃんと設計書を書いたつもりが書けていなかったとか。会社のとある業務をやってから、自分の今までの仕事スタイルに細かくツッコミを入れる上司のおかけで、なんか、自分のすぐに動いて、そこそこのクオリティでモノを作る能力が否定されたためか、そこから変に気を回してしまい、歯車がずっとズレてしまった感じなのです。前職のせいなのか、年のせいなのか、障害なのか、真実は分からないのですけど(笑)

とはいえ、最近はコップや、鍵なども滑ってよく落としますし。う~ん、焦っているのか、冷静さが足りないのか、、、物忘れはないのですが、これ落としちゃいけないのに~ と分かっていながら、落としてしまうということがちょこちょこあるので、ちょっと怖いのです。

特に怖いな~と思っているのが登山。こういう心理状態の時、崖から落ちたらいかんなーと思いつつ、なんかNGな事をやってしまい、滑落する・・・おおいにあり得そうです。先日は夢ではありますが、登山していて、見事に滑落してうおおおーっと目が覚めました。いま、剣岳とかいったら、もしかするともしかしてwww なんて、びびってます。

というわけで、若い頃は自分はミスなんてしない、ヒューマンエラーなんて老人が起こすものだと奢っていたものですが、自分もかなり凡ミスをすることがあり、人は完璧じゃない、だから、交通事故もゼロにはならないんだろうなあ・・・と妙に納得してしまうのでした。さらなる気を引き締めて、交通事故と、山岳事故には遭わないように過ごさなきゃです。
拍手する

虎尾山

宇治山田駅から15分ほど歩いていける虎尾山です。34.483911, 136.715743 に小さな公園があり、そこからフェンスの扉を開いて登山することができます。
DSCF7620_R.jpg
竹林の中を進んでいきます。ちょっと踏み跡が曖昧で道がわかりにくいですが、迷うほどではなかったです。
DSCF7622_R.jpg
あっという間に頂上の建造物に着くでしょう。
DSCF7623_R.jpg
ニャロメの塔 です。悲しい事件があった場所でもあり、訪れた日はひっそりとしていました。
DSCF7627_R.jpg
半月ファンの宝箱があります。
DSCF7624_R.jpg
伊勢市内が見渡せます。夜間登山も面白そうですね、夜景が綺麗なことでしょう。
DSCF7630_R.jpg
登山口は閑静な住宅街の一角ですので、くれぐれも車で行かれぬよう。周辺道路は原則、駐禁になっていました。

半月で砲台山となった舞台ですので、まんぷく食堂さんとセットで来訪しちゃいましょう♪ 食後の良い運動になること間違いなしです。

 山頂高 虎尾山 51m
 タイム 往復10分
 面白さ ★★☆☆☆
 眺望さ 夜景が綺麗かも
 難易度 ★☆☆☆☆
拍手する

知多半島

土曜日は三上山の山登り後、15分であっという間にあがった温泉のリベンジ。。。というわけでもないのですが、天気も良いし、土曜日は山にいったから、今度は海に行こうと、ぶらりと1人で出かけました。奥さん誘っても、たいがい応答なしなので、もう週末は好き勝手に出歩いています。一度しかない人生ですので、アルトとわんこともに思い出作りに出かけてます。

知多半島でぶらーっと海沿いを走ること2時間超。ホテルが日帰り温泉もやってますということで、山海館さんへ。
20170528_131333_830_R.jpg
いやあ、何も事前に調べることもなく、看板判断だけで突入してしまいました。

若干、建物の古さは否めないものの、ちゃんと綺麗に保ってます。露天の景色はもちろんのこと、内湯からの景色も抜群です。露天は開放感ありすぎて、他から見えてんじゃないか・・・というぐらい気持ち良い露天でした。しかも、小一時間、誰も入ってこずに独り占めできたということで、とてもゆったりできました。日曜、12時くらいが少なくてオススメかも。
20170528_150540_229_R.jpg
山海館さんから、裏手の山を見ると・・・山登りできる神社(荒熊神社)がある? これはいってみなくちゃと、いってみました
20170528_143804_147_R.jpg
参拝者用の駐車場 34.721993, 136.892351 あります。歩くこと10分かからずに、神社へ。丁寧な神主さん? がいて、気さくに話しかけてくれました。絵馬を購入し、てれうさの願掛けをしてきました。叶うと良いです・・・ホントに。

国土地理院地図だと、この神社の横に94mの山登りができそうな道がある。。。で、行ってみました。突入した場所は、34.723354, 136.891288 ですが・・・
20170528_145929_733_R.jpg
土石流対策のため池があり、そこに沿っての道、ヤブ化していて、クモの巣が多く、草が腰までかかる・・・ということで断念、引き返しました。おそらく、長いこと通る人がいなくなっているので、道が消えかけているような感じです。しかも、頂上は木が茂っているようですので、仮に登れたとしても眺望は期待できないのかも。

なんであれ、ちょっと夏の風に、潮のにおいがして。温泉が塩水で、潮騒の湯さんを思い出しつつ、大洗に今度はいつ行けるかなあ・・・なんてのぼせながら、ゆっくりと過ごしました。
拍手する

滋賀の富士へ

風邪後の食欲回復により、体重が72キロに戻ってしまい、天気がよいので運動しに行くことにしました。今回はわんこも一緒に登れそうな山を探します。
P5273314_R.jpg
木と金と雨続きの上、鈴鹿山系はとうとう、ヤマビルの季節に入ってきたということで。ちょっと鈴鹿山系から今回は離れてみました。

となれば滋賀やろ。三上山にロックオン。当初は、近江富士花緑公園から登っていく予定でしたが、公園内がすべて犬連れ禁止とのことでしたので、公園から山頂に登っていくルートは使えなさそう。公園を離れて、西側にある別の登山ルートで行くことにしました。
P5273328_R.jpg
ここ、400メートルちょいの山なのですが、登山ルートが4つ程のバリエーションがあり、ルート毎に個性があって面白そうです。で、登りは表ルートを使ったのですが・・・ここが後半は岩場の急坂となり、犬が自力で登れるようなもんじゃない(笑) じゃあ、どうするかというと、てれうさが抱きかかえて登ることになるのです。
P5273335_R.jpg
いや、ゼーハーしたいのはてれうさやねん。。。

頂上では、パンでランチ。わんこと2人、シェアして食べました。滋賀の富士という別名だけあって、登山していた人は結構多かったです。高校生ぐらいの若い集団も登っていたり、トレイルランしてたりと、なかなかに、滋賀県民からは好アクセスで気軽に登れる山なのかも。眺めも良いし、琵琶湖もみえるしで。新幹線がそう遠くないので、通過する音が微かにこの山まで伝わってきます。

帰りは温泉に寄ったけども、わんこ車内放置するわけにもいかんので、車の冷房かけっぱにし、ぱーっと15分くらいで入ってきました。なかなか良い温泉です。犬連れでないとき、また、ゆっくりと浸かりたいな。

もうちょい、足を伸ばせば、京都。けいおん! の舞台巡りも可能になるのだけど。。。さすがに、京都までいったら日が暮れるまでに名古屋に戻れない。帰りは鈴鹿スカイランで名古屋へ。すでに無料開放している道路です。ただし、12-4月くらいまでは冬期通行止めしているよう。今回、初めて通りましたが、いやあ、通行車が少ない。名古屋に戻る人は永源寺ダムの421号を使うのでしょうね、きっと。

477号の鈴鹿スカイラインはぐねぐねしているため、走行距離が伸びちゃいます。一車線の追い越し禁止がずーっと続きますので、遅い車に当たると悲劇になりますので。その点421号は、追い越し車線が大半だし、登坂車線があったり、直線トンネルで距離短縮できるなど、421優位でしょうか。ただ、紅葉シーズンのドライブするなら、477号の鈴鹿スカイラインがに軍配ありかな。雨乞岳、御在所岳に行くためのPを有しているのもこちらですからね。。。
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/