2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

Entries

山本山

上から読んでも山本山、下から読んでも山本山。3/4に登ってきました。
DSCF7378_R_2017031100054575c.jpg
琵琶湖の湖畔すぐにある山です。駐車場あります。泊めていたのはてれうさだけー ここにはトイレがあるのですが、冬期閉鎖中で使えません。
DSCF7379_R_201703110005469a2.jpg
山の周囲をぐるっと囲うように鉄柵がかかっています。鉄柵の中にゲートボール場があります。
DSCF7384_R_201703110005514c9.jpg
鳥居をくぐって、神社のほうに登らずにその横の道を進んでいきます。が、案内板等ないのでわかりにくいですね。
DSCF7380_R_201703110005486dd.jpg
登山道は途中までは明瞭です。景色は開けているので、歩きながら伊吹山や琵琶湖が見えます。
DSCF7386_R_20170311000604d40.jpg
休憩小屋があり、ここからぐいっとUターンするのですが、ちょっとここからがわかりにくい。
DSCF7388_R_201703110006061a8.jpg
というのも、草が茂って道が不明瞭な部分があります。あまり、通行がないので踏み跡がないのです。そういう意味では、私ののぼり始めよりも、湖畔側の湖北町津里から登った方が確実かもしれません。
DSCF7389_R_20170311000607c8e.jpg
ちょっとした石碑にあたると休憩ベンチが何個かあります。
DSCF7392_R_20170311000609a38.jpg
琵琶湖が見えます~ 春霞か、すっきりしませんが。
DSCF7396_R_20170311000621cdb.jpg
山頂まで40分くらい。
DSCF7401_R_20170311000623998.jpg
遙か昔には山本城があったとのことで、山頂はだいぶなだらかで、のぺたーっとしています。
DSCF7403_R_20170311000625769.jpg
このまま来た道を下るのもなー・・・ と北へ縦走してみることに。もちろん、ちゃんと整備された遊歩道となっているルートです。
DSCF7404_R_201703110006265d9.jpg
が、歩く人が少ないせいか、倒木などでちょいちょい寸断されていました。通過に支障はないんだけど。
DSCF7405_R_20170311000627a0b.jpg
樹木は密に立っていないので、縦走路からの琵琶湖や伊吹山の眺めも良いです。
DSCF7411_R_201703110006431f7.jpg
時間がある人はさらに北上し、賤ヶ岳までいくのも良いかと。ただし、山本山の山頂から6キロ以上あります。急峻ではないにしても、相当のウォーク時間を考慮する必要があります。
DSCF7412_R_20170311000645790.jpg
てれうさはこの標識の分岐で、熊野集落に下りていきます。片山集落は湖側に下りる方向。
DSCF7413_R_201703110006467d0.jpg
朱色の鳥居が見えると下山しきるのはすぐ。
DSCF7415_R_20170311000648074.jpg
ここに出ます。あとはぐるーっと山本山を囲むように歩いて駐車場まで戻ります。写真の一番トップが山本山です。
DSCF7416_R_2017031100065879f.jpg
こんなコースを巡りました。
yamammoto.jpg
Sがスタート、Gがゴール地点です。

 山頂高 山本山 324m
 タイム 2.5時間
 面白さ ★★☆☆☆
 眺望さ 右手に伊吹山系、左手に琵琶湖と眺めは良し
 難易度 ★☆☆☆☆

熊注意の看板があり、その注意がある鉄柵の中に自分が入っていくという・・・考えてみればなかなかに度胸がいる登山なのかもしれません(笑) 日陰に僅かに雪が残っており、日によってはアイゼンなどの装備が必要になることもありそうです。
拍手する

写真の枚数

35057枚のデジタル写真がありました。
syashinnnma.jpg
子供が生まれた頃は無駄に撮ってばかりいましたからねー 本当にあの頃は可愛かったです。しかし、このDVDやブルーレイに焼いたデジタル写真は、私の死後は生かされることもなく、そのままたぶん粗大ゴミ行きなんでしょう(笑) 第三者が撮った写真を3万枚も掘り起こしてみる暇なんて、てれうさはご免ですから、残された家族もそうなんでしょう。

暇を見つけては、思い出振り返りがてら、必要な写真のみ残していくことにしまーす。
拍手する

勝山

琵琶湖に至る365号を走行していると、長浜市内にちっこい山がある・・・
DSCF7374_R.jpg
神社があり、その後ろにこぢんまりと山が。
DSCF7376_R.jpg
登山道や散歩ルートは一切無し。でも、登れてしまう。
DSCF7371_R.jpg
神社からの標高差は5mほどなので頂上はすぐ。
DSCF7367_R.jpg
ポールが立っているのみで、眺望はあまりなく・・・登山やハイキングする山ではありませんでした。


 山頂高 勝山 131m
 タイム 5分
 面白さ 判定不能
 眺望さ ほぼなし
 難易度 判定不能
拍手する

今日の一枚

img010aabde_R.jpg
拍手する

山本山へ

天気が良いと出かけたい欲求がウズウズ。12爪のアイゼンを持って出かけた先は・・・
DSCF7373_R.jpg
伊吹山!!!

ではなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・この日は気温が12℃まであがり、雪崩注意報が出ていますので、まだ死にたくありません(笑) 冬の伊吹山はまだ私には無理ですので、その西、琵琶湖畔の山本山狙いです。しかし、暖かくなってくると春霞・・・というか、晴れていても視界がすっきりしないねー
DSCF7378_R.jpg
琵琶湖の湖畔にある山のひとつ。前回ヤマノススメ企画で登った賤ヶ岳(しずがたけ)の山系に属します。その最南端のピークが山本山。写真の山に沿って右に進んでいくと、賤ヶ岳、余呉湖(よごこ)方面になります。登山記事はまた別として、左手は琵琶湖、右手は伊吹山、金糞岳など、左右に眺望があるのは見応えありました。まあ、ここ数日の気温で、雪は皆無でしたのでアイゼンの出番は全くなかったわけで、うれしいような、悲しいような。

登山後は湖畔の道の駅、湖北みずどりステーションで遅い昼食。
DSCF7417_R.jpg
おばちゃんが売っていたぜんざいと、たこ焼きをぺろりんと食べました。ぜんざいは塩が効いてました。甘ったるくなくて良かったです。
拍手する

マッハCOPY

デジタル写真整理をすることにしました。

というのも、てれうさの気まぐれブログ、この日は何してたっけと読み返したとき、記事の記述が幼稚だとか、タイプミスしているのが何個かあるのです。旧記事の画像データは横幅500ピクセルでやってきたため、それを640ピクセル幅でそろえたい野望もあります。で、それに必要なのが、過去に撮ったデジタル写真です。

てれうさは今までの写真は、CD/DVDメディアに保存しています。
DSCF7359_R.jpg
13年前のCDメディア、レーベル側は黄ばんできており(当時はシルバー)、データは大丈夫なんだろうかって不安になりません? そろそろデータの移し替えをしたほうがいいかも。世間では、CD/DVD/ブルーレイのメディアは50年保存は厳しく、10年くらいでバックアップとるのがいいという話もあります。

メディアに入っている写真が何千枚とあるのをいったんパソコンのHDDにコピーしています。このコピー時間がDVD1枚につき20分近くかかります(てれうさのVista環境)。高速コピーしてくれるツールはないものかと探すと、アイオーデータのマッハコピーというフリーツールが安心できて早かったので。
mahha.jpg
自分のところの環境(Vista、DVDメディア、写真1000枚程度)だと8分で、DVDドライブから、パソコンのHDDにコピーできました。作業時間が1/2になったので大分、楽です。

デジタル写真は1997年くらいから撮り始めましたが、いままで何枚撮ったか正確に数えたことがなかったので、この機会にしっかりと数えてみることにします(笑)
拍手する

多峯主山

2017年2月25日の土曜日に、友人とヤマノススメ舞台でもある多峯主山に登ってきました。前日は大洗で一泊。ぐっすり爆睡してたので、体力はありあまってます。まずは、いつものタイムズマートさんで飲料水を購入して天覧山へ向かいます。
P2253070_R.jpg
友人は何回か登っているので、先導してもらいつつ・・・天覧山の山頂看板左から多峯主山に行けるコースになっています。てっきり、尾根筋の縦走だと思っていたら、大間違い。
P2253072_R.jpg
なんと写真の通り、天覧山で登った分をがっつり下ってしまいます(笑)

そしてがっつり下ると、ウッドチップの優しい道に突き当たります。そして、まむし注意の看板がw とはいえ、まだ2月なので遭遇することはないでしょうが。
P2253073_R_20170304115741fd2.jpg
整備された階段が多いですねー 分岐はありますが、ちゃんと案内看板があるため迷うこともありません。
P2253077_R.jpg
子供専用を謳うクサリ場がありました。
P2253078_R.jpg
クサリ場を超えれば、もう山頂です。
P2253082_R_20170226223800b9f.jpg
天覧山の山頂から40分くらい。
tounosuyama.jpg
山頂には食事を取れるテーブルが数台、ベンチも数台あります。この日は天気が良くて全部埋まっていました。子供連れもちらほら。難度はないですが、登山時間がかからない割には登山した感覚が味わえる山だと思いました。

 山頂高 多峯主山 271m
 タイム 往復1.5時間
 面白さ ★★★☆☆
 眺望さ 低山なのに妙に高度感あり
 難易度 ★☆☆☆☆
拍手する

GIRLS & PANZER北米版

TOEIC試験を受けることもあり、北米版DVDをアメリカアマゾンで買いました♪
DSCF7354_R.jpg
テレビシリーズのコンプリート版と、OVAシリーズを集めたものです。音声は日本語と英語、両方が収録されています。
DSCF7353_R.jpg
英語音声で観てみましたが・・・オオアライ、タンク、ドライポテト(干し芋なんですよー)、コマンダー・・・と、要所の単語が拾えるぐらいでした。ああ、全然語学力が身についてなーい。

「会長、快調に進んでます」って、英語だと駄洒落になんないじゃんw とかツッコミつつ、あまり理解できないまま雰囲気で観ていますがー なんとか、好きこそものの上手なれってね・・・英語の吹き替え声優さんがみんな渋めなので、日本の声優のような可愛さ、色気というのがあまり感じられないのが難点でしょうか。日本の声優さんってスゴイなあと改めて感心したり。

テレビとOVAの2セットでも4000円もかからないのですから、安いですよね北米版アニメ。アメリカのアマゾンでそのままクレジットカード決済で買えてしまい、日本に発送できるのですから、アメリカ物流にも感謝です。送料が約11ドル。
DSCF7352_R.jpg
送料加算しても5000円未満で好きなアニメの英語勉強ができると思えば、分厚いTOEICの高額テキストやるよりもずっと身につくのかもしれません(笑) すごく、知識が偏りそうですが。

ちなみに北米では、GWあたりに「劇場版」が発売日のようです。英語吹き替えが入っていたら買おうかと思います。
拍手する

かんぽの宿、知多美浜

「かんぽの宿、知多美浜」愛知県知多郡美浜町奥田砂原39
DSCF7344_R.jpg
海岸沿いにある宿泊施設です。日帰り入浴も受け付けています。
DSCF7341_R.jpg
露天が広くて、伊勢湾の眺めもあり、開放感抜群です。
DSCF7340_R_2017030101444926d.jpg
ただ、宿泊施設ということで。コーヒー牛乳がないwww
DSCF7343_R.jpg
加えて、寝転びのような休憩スペースもない。休憩するならロビーになるのかな。
img009_R.jpg
内湯と外湯とのシンプル構成。サウナはありません。

①お湯の質 ★★★★☆(アルカリ系)
②施設充実 ★★☆☆☆(外湯1、内湯1)
③ゆったり ★★☆☆☆(休憩場所は少ない)
④料金体系 ★★☆☆☆(800円)
⑤総合評価 ★★★★☆(日帰り温泉に特化というわけでない)

目の前が海の醍醐味は良いですね。ガラス張りなので露天につかりながら海を眺める・・・宿泊所ですので、日帰り温泉客向けの休憩スペースがあるわけではありませんが、長居しないのであればそのネガもありません。
拍手する

iPhone6S Plus復活

先週に破壊された長女のスマホ。
DSCF7346_R.jpg
週末になり、長女を連れて名古屋栄のアップルストアに行ってみたのですよ。スタッフさんから「修理可能だけど、原則データは保証できません。基盤に損傷があれば基盤は丸ごと交換でデータもなくなります」とのこと。し・か・も、日曜日で大賑わいのアップルストア、待ち時間は100分だって。

アップルストアですらデータ復旧の確率が低め。しかも、100分待ち。さらに、基盤交換の可能性を考えると修理代がいくらかかるのか想像も付かないwww 本来は純正部品でしっかり直して欲しかったのだけど、データ消失とのトレードオフはできないよなあと娘と話し合い、即日修理を謳う非正規の修理屋さんを利用してみることにした。
20170226_123134_545_R.jpg
液晶とフロントパネルを交換とのことで、見積もりは税込みで21000円。基盤が生きていればデータはそのまま大丈夫ということで、任せてみました。本当に30分で修理が終わり、取りに行くと・・・
P2263109_R.jpg
おおっ、すんげえ! きれいに直ってる! 娘は大はしゃぎ、、、げんきんな子だ(笑) 1ヶ月は保証してくれるとのことで、なんかあったら相談くださいとのこと。

ただ、正規品をつかっての修理ではないため、これでアップル保証は受けられなくなるデメリットはある。また、仮に娘がこのスマホを手放すときには、純正スマホではないため価値の下落があるだろう。非正規ショップを利用したときは、リスクというのもあることは忘れちゃダメだぞ。
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/