FC2ブログ

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

Entries

今年は花見もなし

海外では要職が罹患するニュースがある中、日本の政治家がコロナになって死んだという話を聞かない。なぜ、濃密空間で議論している、支持者たちとも会い、会食の機会も多い、高齢政治家が感染しないのか? 不思議だ(意味深?)

てれうさの大洗旅行の中止に始まり(まだ言ってる。。。)、今年は花見も自粛。出歩くことの少ない4月スタートである。今週末には桜は散ってしまうだろう。子供らの学校も、GW明けまで再会延期という話も出てきており、来年受験の長男はコロナにかき回されているー とはいえ、受験生は皆、同じ条件。コロナを理由に受験云々言う資格は誰にもない。

さて、外国からの輸入は滞ってきており、食料自給率が低い日本はヤバイだろうなと容易に想像できると思う。これは農林水産省からのデータを抜粋したもの。
jikyuu.jpg
飼料・・・家畜のエサね・・・が致命的に輸入頼みだ。

飼料の国内生産に切り替えで餌代が高騰 → 牛肉、豚肉、鶏肉らの高騰、卵も高騰、養殖魚も高騰する。簡単に国内飼料に切り替え出来ればいいけど、マスクの増産にもすぐに対応できない国力の無さ。飼料が手に入らず家畜の大量餓死だってあり得る。小麦、トウモロコシは特に輸入頼み。小麦が尽きると、パン、ケーキ、クッキー菓子、うどん・パスタといった麺類、天ぷら、唐揚げ、などは、この先お目にかかれなくなってくるかもしれない。

日本でのコメの収穫と供給開始が10月から。コロナ終息しないという最悪を考えると5、6、7、8、9・・・約5ケ月の食料をどうするかが課題か。大人の1 or 2人暮らしなら質素に生活すれば、乾麺、レトルト、コメ、カロリーメイト、カンパン、菓子類の備蓄をしておけば数か月はいけそうだ。問題は育ちざかりの子供を持つ家庭、子供の食事量までを管理しながら日々入手できる栄養を細々と入手していくしかないのかな。栄養価の高いイモ類、果物類を栽培している農家は強い。今のうち農家さんとコネクション持っておくのがいいのかもしれない。

これが、てれうさのエイプリルフール(笑) だったね、と笑い話で終わればいいけども。このブログを読んでいる方は、最悪の最悪を考えたほうがいい。まずは冷静に、物持ちがよい食材の備蓄かな。チーズ、ソーセージ、ハチミツ、カロリーの高い菓子類・・・とか。ただし、国からの配給も若干は期待できるだろうから、大量の買い貯めを勧めてはいない。自分の嗜好にあった食材は多めにキープしといたら? という話。

志村けん さんの追悼番組とか、買い占め老人、若者の無敵傍若無人ぶり、オッサンらの夜遊び非難、政治家の上げ足とったりなどの表面上ニュースで世間はワイワイ騒いでいるが、埠頭の状況、コンテナの輸送状況、地球船舶の航行状況などの現実を報道しないマスゴミ情報には要注意。信頼できるソースから、世界や日本の現実情報を仕入れ、自分でその情報の真意性を判断して、自己責任で行動するのが吉だ。

年金受給者が次々に亡くなる中、フランシュシュの「老害なんて言わせないよ、生涯現役大往生!」という歌詞を聞きながら、世の中の理不尽さを思わずにはいられないてれうさ。もし、両親がコロナに罹って他界すれば、死に顔を見ることなく遺骨と対面か・・・と思うと、やるせないなあ・・・と思う。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/