FC2ブログ

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

Entries

さらにメンタル発症メンバーが

会社で直近の悩みは、メンタルで長期休みに入ったメンバー(大学院卒)が出たこと。自分の部下としては初のメンタル発症者を生み出した。

「大学院に行く人は、本当にやりたいことがあった人か、会社生活がイヤで少しでも遅らせたい人だよ」という知人の言葉が絶妙にヒット。会社の採用担当は、いかに前者を採用するかが重要。。。

メンタルは自分の内面の問題。上司や会社は対応マニュアルに沿って復帰サポートはするが、医者でも何でもないので彼を救うことはできない。彼は残業はごく僅かなので繁忙からのパンクではない。仕事が金づるでしかなく、仕事に愉しみや遣り甲斐、周囲への信頼関係を築くことなくズルズルと20代後半まで過ごしてきた。。。あれっ? これからの長い会社生活30年、ずーっとこうして過ごすのだろうか? と、不安が顕在化してきたのかもしれない。

彼が負っていた仕事は誰かが負担しなければならず、ソフト開発業界は空前の人手不足!!! 誰にも振れないorz 上司である私が全てを負担なうwww ハッキリいって死ぬ(笑) 一人で二人分働くんだもの。

「鬱は心の風邪」と言うけども、風邪と違い、なかなか完治しない。うちの会社にも戻ったものの、ぶり返して休みがちになる人が大勢いる。

そして、自分は楽天的な性格だから鬱が全く理解できないし(理解しようとも思わんけど)、「単なる甘えじゃん」と思ってしまう。復職しても戻る職場も同じだから、またぶり返す。また、周囲も再発させまいと業務負荷をかけないようにとか配慮させることで、業務バランスの不公平感を生み、重要な仕事を任せられない。健全にやっている人たちのモチベーションを下げるという悪循環、これが現実。鬱で長欠すれば多大な迷惑を周囲にかける。疾病した本人もそれが判っているから、さらに戻りづらさを感じて苦しい。

鬱になったら、必ず全快させて復帰しないとイケナイ。しっかり休んで、決められた薬を飲んで心の回復をすること。そして、復帰する前にどうして鬱になっちゃったかを考え、再発させないためにはどうすればよいのかを自分で考えなきゃだ。その答えが出ないままに復帰すると再発する。それを会社や上司、産業医に期待するのはダメ。もちろん相談はウェルカムだけどね。特定の人物がストレスなら職場転換して顔見ないようにすればいい、仕事があっていないなら転職を考える。。。空前の人材不足、20代ならまだどこにも方向転換できよう。

鬱病から復帰したら、3ケ月は気遣いを、しかし、3ケ月後からは甘やかすことなく100%業務復帰させなさい という。よって、自分も一定期間をおいたら、従来と変わらず業務負荷をかける予定。

早くに鬱発症して良かったじゃん。40歳過ぎてから発症すると、自分が取れる選択肢がぐっと減ってしまうからね。会社生活の愉しみ、遣り甲斐は上司や周りが提供してくれると思ったら大間違い。自分で見つけるものです。金目的だけでは、仕事は続けられません。
スポンサーサイト



拍手する

Appendix

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/