FC2ブログ

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

Entries

RaceChip PRO2

プジョー207 GT(2010年後期モデル6MT、A75F04)にサブコン(RaceChip)付けました。ヤフオクで2万円だったし。もうね、中古車13万キロなんでやりたい放題。

新車だとサブコンでパワーアップするとディーラー保証しませんよとか、エンジンに悪いよとか、いらぬ違う気を遣ってしまうわけですが・・・中古車だから、そのままエンジン全開逝きなさい(笑)
DSCF0015_R.jpg
RaceChip GTSが本命、だけど8万円・・・車体価格38万に、8万円のサブコン付けて効果がなかったら泣くに泣けない。と、冷静に考えて、旧世代のRaceChip PRO2にしました。BWMと共同開発の直噴ターボ車なら大抵このサブコンが付くので、同時期のMINI、シトロエンの1.6ターボなどに、この旧世代サブコンは取付可能です。かたや、新世代のRaceChipは取付車両を、メーカとエンジン種別で完全に限定されてしまうため、サブコンを使い回できないデメリットがあります。
DSCF0014_R.jpg
前所有者がどんなサブコン設定にしているかわからないので、しっかりと確認します。星ネジで4か所外せば・・・
DSCF0011_R.jpg
基盤にアクセスできます。B1にセットされていました。出荷デフォルト値です。取説に従いこの左ネジを調整することで、パワーアップ度合をチューニングできます。右ネジは調整禁止なので、変更されませんよう。
DSCF0013_R.jpg
車体とRaceChipとの接続イメージはこんな感じ。
racechipsetu_R.jpg

エンジン停止して全てのドアを閉めて、ボンネットだけ開けた状態でロックして15分待ちます
。エンジン切ってからすぐ接続開始すると、車がエラーモードになる事例があるのだとか。

DIYでやっている記事を探したのですが、ネットには皆無www 取り付けたよの事後レポートがあるだけで取り付け方を指南している情報がありません。それだけ、サブコン利用者が少ないことと、みんな店舗で取り付けをするのでしょう。接続端子の一個が、エアクリの裏にあるっぽい情報を、ようやく先日探し当てました。

さて、車にある2個の端子にアクセスしなくてはなりません。一個は下の写真赤丸で囲っているエキマニのすぐ目に見えるところにあるもの。もう一個がねぇ・・・とてもアクセスの悪いところにあります。エアクリーナーボックスの裏に隠れています。エアクリつけたままだと手が入りませんし、コネクタがしっかり噛んでいるため外せません。
DSCF0017_R.jpg
T20の星ネジで、エアクリボックスネジを3か所外します。
DSCF0016_R.jpg
レンチが入らないので、六角ねじの頭を、自転車用の工具を使いつつクルクル回します。
DSCF0018_R.jpg
ガコッと上部が取り外せます。エアクリのパイプを固定している金属バンドは緩めておきましょう。
DSCF0019_R.jpg
エアクリのエレメントを取り外して、下部のエアクリを固定しているネジが左に1個隠れているので、慎重にそれを外します。ネジは緩めすぎても落ちない仕組みになってました。そのネジさえ外せば、下部のエアクリプラスチックもバコっと抜けます。ただし、エンジンが邪魔して完全には外れなかった。

エアクリの下に、3Pコネクタがあります。
DSCF0025_R.jpg
おさらいすると、簡単にアクセスできた4ピンの①と、エアクリの下に隠れている3ピンの②に、付属の配線を挟み込みます。逆差しできないようになっているので、ハメられるようにハメてOKです。
DSCF0027_R.jpg
↓ 挟み込みが終わった後の写真です。挟み込んで干渉することでRaceChipは、車のブースト圧を低く騙させます。車側はもっとブーストかけなくちゃと勘違いして、ブースト、トルクを上げる仕組みなんだとか。
DSCF0028_R.jpg
コネクタ4か所が緩まずしっかり噛んだことを確認します。特にエアクリ裏はそうそうアクセスできる場所ではないですから、スポンと車両振動で外れないように確認してください。そして、配線を束ねつつ、RaceChip本体を車に取り付けます。
DSCF0029_R.jpg
まだ仮配置ですが、、、RaceChip本体をドコに固定するかはしばらく考えてみます。ビニール袋に入れているのは防水対策です。エアクリなどを元に戻して、ネジや接続忘れがないように確認してから、エンジンをかけてしばらく走行してみました。

【結論】
吹けあがりが良くなりました。エンジンが軽く回るようになったので、エンジンの回転数に比例して加速もUpしていく感じ。ただし、劇的に良くなったというわけでなく、ちょい良くなったじゃん というのが正直なところ。ただ、つけた直後なので、まだインプレには早いのかも。ECUが学習するのに2~3日かかるという話もあり、RaceChipの真価発揮は週末なのかもしれません。

取付はエアクリの取り外しに手間取って2時間弱でした。バコバコ外しているうち、他のプラスチック配線を痛める可能性もあるので、自信がない場合は専門店かプジョーを熟知しているお店に取り付けを依頼したほうが無難です。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/