FC2ブログ

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

Entries

プジョー返ってくるも・・・ターボ効かず

我が家のプジョーちゃんが修理から返ってきました。
DSCF8940_R.jpg
が、修理預かり中に台風21号の暴風? で看板が飛んできたらしく
hekomiTuki.jpg
ボンネット凹んだとの連絡ありorz もちろん修理工場側は、板金等々の処置をしてからと申し出てくれたけど、9年落ちの中古車だし、ほかにもっと凹みあるじゃんね。そんなことで、プジョーと過ごす日々がさらに縮むのは惜しい(笑)

現状確認して「この程度の凹みなら問題ないですよー」と引き取ってきた。実際遠目では分からないし。近くに寄ると光の反射の関係でアレッと気付くけども。今回のエンジントラブルの解消とは別に、シフトの5・6速の引っ掛かり修理は無料でしてもらっていたので、その対価ってことで、工場側の板金塗装の申し入れは断ってきました。
DSCF9713_R.jpg
↑壊れていたターボコントロールソレノイド。もらってきました、ブログネタ用に。過給圧不足ということで、品番1922 V6のターボコントロールソレノイド(ソレノイドバルブ)交換を新品してもらって、全コミ約4万円。

引き取って運転するも、エンジン出力の違和感は残ったままでターボ(ブースト)が全く効かない感じ。単なるNAエンジンだよ(笑) 整備の人も、「もっと馬力出た印象ですけど・・・クルマによっても個体差あるから・・・」と歯切れが悪い。「今回のターボコントロールソレノイド以外にもまだ違う原因があるかもしれません」と言っていた。

購入元からは「ディバータバルブは簡単に外せるから見てみて」とのことだったので、ボンネットあけて確認してみる。確かに六角レンチ、三か所で留まっているだけ。
DSCF9717_R.jpg
う~ん、ゴムや部品に亀裂はなく正常そうに見える・・・見た目じゃ壊れてるかわかんねー
DSCF9718_R.jpg
また、しばらく走行してみて、ターボ死になら工場に再入庫だなあ(苦笑)
DSCF9722_R.jpg
これ自体は、新品で購入しても8000円程度。
DSCF9721_R.jpg
外した側のもの。ここから、このディバータバルブで過給圧調整をしているようです。
DSCF9720_R.jpg
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/