2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

短気は損気

車運転で煽られて・・・が世間のトップニュースになり、てれうさも経験あるある。自分は煽りこそしないけど、遅く追い越し車線を走っている車の左抜きはよくやってしまう。

ここ名古屋は車同士が車間詰めて走る。チンタラ追い越し車線を走っていようものなら結構なプレッシャーを受けること間違いなし(笑) 国道23号などでは、ほとんどみんなが時速70キロでも車間ほんの2~3メートルで走るのです。教習所で習った「走っている速度ぶんの距離は空けよう」。やろうモノなら、左抜きされるのと、自車前に割り込みの嵐だよ。

ウィンカー出さずに曲がるとか、コンビニ駐車場をショートカットして曲がっていくとか、走行の多い時間帯車線で路駐するとか、ハイビームで走り続ける車だとか、高速渋滞時に路肩を走る車とか、マナー違反でイラっとくる車はいる。でも、最近は心理学の本を読んだおかげで、「イラッとくるときは自分がイラッとしたいだけだ・・・」と言い聞かせている。

心理学によれば、「キレる」、つまり、「咄嗟に感情的になることはない」という。自分が深層心理で喜怒哀楽したいから、そう振る舞うだけだ というのだ。確かに、怒りは他人要因ではなく、自分が生み出しているんだーと思うと、なんか抑えられる気がしません?

見て見ぬふりというのはできない! という考えもあるけど、無用なトラブルを避けるために、やはり相手にしないのが一番。危険運転する輩と張り合うことは、自分もその輩と同レベルで争っていると自覚して、まずは深呼吸やね。

人間は自分の考えが全て正しいと思いがち。自分はこんなに気を遣って運転している"のに"、譲ってあげた"のに"礼もなしか・・・と、"のに"・・・というワードが出ると、妬みや怒りに繋がりやすいのかな。他人の運転がどうだ ではなく、自分の運転が常に気持ちの起伏なく安全に運転できているか? それが一番大事と思う。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/