2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

繖山(観音寺山)

10/8、快晴だったので有言実行で登山です。なんと、今回は大事件が起こりましたっ!

35.157979, 136.169045 繖公園駐車場に駐めます。野球用グラウンドがあり広い公園です。50台くらい駐められます。
DSCF8183_R.jpg
石馬寺、六所神社を目指して歩きます。
DSCF8185_R.jpg
亡者の辻? という立て札があり、今回目指す繖山にいくためには地獄峠を通過予定、、、ここは地獄に縁のある地なの?
DSCF8187_R.jpg
尾根までずうっと石段が続きます。石段のところどころに水の流れがあり、苔がむして滑りやすくなっています。是非とも慎重に歩んでください。下りは特に。
DSCF8189_R.jpg
雨宮龍神社からは尾根歩きになります。
DSCF8192_R.jpg
所々に木々のない場所があり、琵琶湖や町並みがきれいに見えます。
DSCF8199_R.jpg
うっそうと暗い地獄峠。
DSCF8201_R.jpg
しかも、地獄峠は分岐が5つ。夜登山したら迷うだろうなあ(怖) ん? 不動の滝まで400mかあ・・・じゃあ寄ってみようかー ここの決断が、悪夢の始まりでした。。。
DSCF8204_R.jpg
貯水タンクっぽい施設に行き当たり、凄まじく狭いフェンス横を通らされます。クモの巣は張りまくり、スズメバチは飛んでるわでなかなか進めない。しかも一部ヤブ化してる。マダニも怖いちゅーのに・・・
DSCF8207_R.jpg
不動の滝に到着。

お賽銭しようかなと、荷物を降ろす。そのとき、自分の白シャツを4センチくらいの尺取り虫が這っていることに気づく・・・ん、、、尺取り虫? ぎゃあああーっ、ヤマビルだっっっ!!!(ネットの写真でヒルの姿は知っていた)  ヒル対策グッズを持ってこなかったため、そのまま落ちてた枝で払い除けて駆除できずwww 両足の確認と、上半身ハダカになって吸血されていないかを半狂乱でチェック。不動の滝で上半身ハダカで踊っていたのは、てれうさです-・・・すみません(笑) って、誰もいなかったと思うけども。

ヒルはあの1匹だけだったか、ふー・・・ 地獄峠から不動の滝までがジメッとした道だから、そこのルートで拾ってしまったのかな。でも、そのルートを戻らなければならないのにwww
DSCF8213_R.jpg
地獄峠に至るために一度下っているので、再び登りが始まります。大してきつくもなく・・・
DSCF8216_R.jpg
案内版が多数あるので、迷うこともないかと。眺めの良い尾根歩き、途中、岩場からの展望も良い場所があり・・・落ちたら洒落になりません。
DSCF8217_R.jpg
景色を見ているだけでも退屈せず、ヒルの恐怖からも解放されます。

繖山の山頂へ。ここはあまり眺望は良くないです。で、観音寺方面に向かいます。
DSCF8219_R.jpg
佐々木城跡を過ぎて、ねずみ岩へ。
DSCF8221_R.jpg
案内がないのでどれが、ねずみ岩なのか分からないわけですが、、、きっとコレでしょう。この先端は切り立っており、落ちると洒落になりませんのでご注意を。
DSCF8222_R.jpg
ココを過ぎると観音寺の立派な参拝林道に出ます。疲れ切っていて、お寺に寄るのを忘れましたwww
DSCF8223_R.jpg
でそのまま下ると、観音寺参拝者用の駐車場にあたります。その駐車場に当たる直前に、右側に結神社に向かう林道がありますので、そっちを選択しました。ほぼ石段続きとなり、靴底が滑ったポイントがいくつかありましたので最後まで気が抜けません。
DSCF8226_R.jpg
倒木で塞がれていますがなんとか通れます。そして、結神社に到着です。
DSCF8227_R.jpg
あとはアスファルト道を歩いて、繖公園まで戻りました。
Screenshot_2017-10-08-21-04-29_R.jpg
日帰りの、お手軽登山できる所かと思います。景色は良いですし。

 山頂高 繖山(観音寺山) 432m
 タイム 4時間
 面白さ ★★★☆☆
 眺望さ 北の琵琶湖、南の町並み鈴鹿山脈が見渡せる
 難易度 ★★☆☆☆

 滋賀の平地に"ぽつーん"とある山だから、シカ等の動物の生息はなくヒルなしと判断したのですが、いらっしゃいました(笑) 人生初遭遇でパニックに。この山は水の染みだしや日陰のじめっとした箇所が多くあるのも一因かなあ。ただ、私が見たのは1匹のみでしたから、ヒルの生息数は少ないのではないでしょうか。
 また、観音寺城跡に寄ろうとしましたが、途中からヤブ化が酷くてヒルとダニが怖くて進みませんでした。バリエーションルートがいくつかありそうですが、このようにヤブ化して通れなくなっているルートがありそうです。雨宮龍神社から北に抜けるルートもあったので、この山は南北に縦走できそうです。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/