2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

ターニングポイント

東京住まいの友人が、東京から1200キロ以上離れた実家に戻りました。東京生活、お楽しみ様でした♪

毎年のように友人と遊び回っていた、大洗、飯能、秩父、木崎湖、佐久、河口湖・・・など、関東方面のイベント。友人と会って、いろんなところに行って、食事処探し、温泉探しとか、行き当たりばったりの旅行が楽しかっただけに。しばらくお預けになっちゃいます。友人が社会人になってからの思い出を語っていたので・・・自分はどうだったろう? と。

社会人となった1997年あたりから振り返ってみます。

■1997■
 すでに1年、留年してた大学4年生ラスト。県外の大学で一人暮らしになって五月蠅い父親から解放されたーっっっ。ドラゴンナイトをプレイしたいことを発端に、PC98のエロゲにどっぷりハマっていた時期。エルフ、シルキーズ、ソニア、アリスなどお世話になったゲーム会社は数知れず。1000本近いゲームを所持。当時は初回購入特典で、ポスター、非売品テレカがついたりと、同じソフトを2本も買ったり。バイト代の多くはアダルトゲームに消えました。えっちゲに500万円以上の投資が効果を奏し、1年留年したぐらいです。
 大学ゼミの教授から、金属学科なのに、ナゼか(笑) ソフトウェア開発専門企業を紹介されて内定が決まっていました。卒業の単位がギリギリだったので、卒業できるか最後までヒヤヒヤ。内定決まってるのに留年したらヤバイっっってね。
 入社後はスペースのない寮生活のため、全てのアダルトゲームは持って行けず。また、仮に人に見られても問題とならないようにだいぶ持って行く数は絞っていました。週末はほぼ京王線に乗り、秋葉原か、調布のLAOXに行ってたな。ToHeartが大ブレイク、マルチ商法、マルチインサイド商法が流行りました。
 LAOXに遊びに出ているときに弟の他界を知り。。。自分が今まで彼に浴びせた罵詈雑言を悔やんだものです。ここを転機に、怒りの感情が沸いたとき、弟のことを思い出して怒りを抑え、感情のままに発言することを控えるようになれました。この年には、祖父も他界して、何も感謝やお礼を伝えられずに逝ってしまうんだなあ。
 寮生活、ぬる湯好きの気さくな関西人がキッカケとして友だちには恵まれまして。ここで、今ではすっかり旅のパートナーとして定着した、少年の目をした男子との縁がありました。「ガオガイガー、ゾイド・・・、うっわあ、、、ディープなSF系好きがおるー」と。それが最初の印象でした。しかも、美少女イラストも描けるんだ-・・・と。
 そして、ゴレンジャー好きの青年、中京競馬場がよいの中年、観葉植物と暮らすいつも溜まり場となった唯一まとも?な青年 など、濃い人たちばかりだったなwww 後の奥さんとなったカノジョとの出会いもこの会社絡みでした。

■1999■
 社内恋愛の末、無計画さ故のできちゃった婚となり、名古屋で新婚生活開始。結婚祝いにカードキャプターさくらのフィギュアを貰ったのが衝撃的(笑) 女の子が生まれると事前検査で分かっていましたので、名前は「桜」にしようと提案するも、即却下されました。しかし、自分の子供がいるって不思議ですよ。3歳までくらいが一番可愛い時期ですねー

■2002■
 長男誕生。名前は奥さんが決めているものがあり、私が意見することなく奥さんの一存で決定。なんで、私提案の「桜」は却下されたのか不思議。マンション購入して、家を好き勝手にできる持ち家だぜぇ、と浮かれていました。

■2004■
 会社を辞めて独立。てれうさ、社長になる! 年収は1000万近くになるも、株運用で失敗して生活レベルは全く変わらず、むしろマイナス(笑) でも、仕事は充実していて、あっと言う間に日々は過ぎていく・・・仕事と子供たちと、本当にあっという間でした。

■2009■
 リーマンショックや、厳しくなるコンプライアンスなどの理由で、企業は私のような個人、フリーランスと個人契約をしない風潮が広がります。そういった社会情勢から、契約更新せずに廃業することに。自分の会社を解体して就職活動。会社員に戻りました。

■2011■
 おねがい☆ツインズ、おねがい☆ティーチャーの聖地である木崎湖キャンプ場に行ったのがこの年。
DSCF7431_R_20170925213911106.jpg
ここから毎年のように木崎湖通いが始まるようになる。
 この年の秋、前会社の仲良かった同僚が若くして他界(2011同僚他界ショック)、葬儀に参列する。いつまでも、友人は居てアタリマエというのが崩された出来事で、やりたいことは今すぐにやっておこう、思い立ったが吉日、モノより思い出 だと気付かされる。

■2013■
 2011同僚他界ショックがあり、関東に出張するときや、お墓参りの前後には、旅をして回ろうよ、という話になる。ヤマノススメ舞台の高尾山、飯能をキッカケに、ロケハンと登山にハマった2人。そして、友人の希望で大洗へ。これが衝撃的。当時はまだ2人とも車も、普及し始めたスマホも持っていない。常磐線のローカル線で延々と水戸まで行った。しかも、台風襲来中(笑)
 水戸からはバスでクックファンへ向かうも、降りるバス停も手探り状態、降りるバス停を間違えて歩き出せば、車が水をはねて友人と私はびしょ濡れw でも、それを忘れさせるぐらいガルパンカツの衝撃はすごかった(笑)
DSCN1862_R.jpg
帰りのバスは1時間待ちの惨劇。日も暮れ大洗で泊まるべく、電話しまくるもヒットせず・・・江戸栄さんが泊めてくれました。その時に頂いた、干し芋のおいしさが忘れられません。
DSCN2008_R_201709290819547e2.jpg

■2014■
 飯能と、あの花を観たことで秩父に行きました。
DSCF2400_R.jpg
DSCN2598_R.jpg
秩父も龍勢祭を巻き込んで、良い感じにコラボしていました。
 念願の肴屋本店で、友人と食べきれないほどのアンコウ鍋に絶句し、床に転がって悶絶したのがこの年。そして、アンコウ鍋のトリコになりました(笑)

■2015■
 ヤマノススメ舞台めぐりである、三つ峠へ友人と登ったのはこの年。
DSCF4130_R.jpg
この疲労感で入ったグリーンセンターの温泉は格別で、あおいちゃんの気持ちがわかった登山でした。
 そして、あるときは、あの夏舞台である小諸に。
20151207_002_R.jpg
友人乗せての電気自動車をかっ飛ばし、上映ギリギリ間に合っての甲府でガルパンの劇場版を観たのが印象的。

■2016■
 長男連れて電気自動車アイミーブで名古屋から大子、大洗に行ったのが強烈。
DSCF5288_R.jpg
充電回数20回。極寒の一月に暖房使えずに、大子まで行ったはいいが、正月休みだったという、オチも強烈だった。
20160104_003_R.jpg
 筑波山の夜間登山がすごい恐怖とワクワクで記憶に新しい。登山や、とくに1人で夜間登山などすると、日常の悩みも乗り越えやすくなるのかな。

以上、2017は年末になったら振り返ることにします。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/