2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

Entries

谷川岳

8/17はいつもの友人と谷川岳へ行ってきました。

土合駅には8時着。ここは無人駅で地下のホームまで立ち入りが可能。よって、わざわざ下り電車に乗って来なくとも、モグラ駅を体感することができます。
P8173389_R.jpg
ホームから見上げた階段・・・450段弱あり、まさにプチ登山です。
P8173393_R.jpg
土合駅からロープウェイ乗り場まで歩いて行きます。30分程かな。
P8173396_R.jpg
ロープウェイから乗り場を見下ろしています。もちろんロープウェイを使わずに自力で登れるルートもあります。ロープウェイから下を見ると、沢沿いに登山道がありますし、さらにちょい北にも尾根伝いの登山口があります。
P8173398_R.jpg
ロープウェイ施設は、車だと駐車場料金¥500かかりますが、土合に駐めて歩けばタダです。土合から歩ける人は是非(笑)
P8173401_R.jpg
天神平はガスってました。霧雨も舞い始めています。天神峠観光リフトに乗って高度を稼ぎ、標高1500mからの登山スタートです。霧雨が体を冷やすため、2人ともレインジャケットを羽織りました。
DSCF8020_R.jpg
クサリ場が何カ所かあります。しかも、雨で滑りやすい。レインジャケットのサウナ効果で汗をかくかくwww 2人とも汗だくです。左側は木々こそありますが、底の見えない崖っぽい場所があるので、端は歩かない方が賢明かと
DSCF8023_R.jpg
行程の約半分となる避難小屋、高度1450mに着きました。アレっ!? 登山開始が高度1500mだったのに、下がっている?
DSCF8026_R.jpg
避難小屋を過ぎると、鎖が多発する登りばかりとなります。休みない登りに唖然とする友人。
DSCF8027_R.jpg
岩場の登りが肩ノ小屋手前までずーっと続きます。樹木が亡くなり視界が開けると肩ノ小屋まではすぐ。小屋は帰りに寄ることにして・・・しゃにむに頂上を目指しました。
DSCF8031_R.jpg
この前の登山では富士山リタイヤしているため、その悔しさもあって谷川岳こそは~ という思いがあったのは事実です。トマの耳。
DSCF8038_R.jpg
さらにちょい奥のオキの耳。濃霧、霧雨という天候のため、登山者は少ない・・・トマやオキの山頂にいたのは全4~5グループ、20人程度。
P8173409_R.jpg
オキの耳にきたとき、厚い雲がすいーっと部分的に抜けたので、慌てて写真を撮りました(笑) 雲と雲の間に立っている不思議な感覚です。
P8173422_R.jpg
トマとオキを繋ぐ登山道。
P8173427_R.jpg
見えたのは一部ですが、付近の山々が織り成す山容には引き込まれそう。
P8173428_R.jpg
日が照って一気に暑くなったので肩ノ小屋で休憩することに。
P8173429_R.jpg
ここなちゃんの誕生日祝いした席でしょうか(笑)
P8173431_R.jpg
バヤリースオレンジをがぶ飲み。これほどオレンジジュースがうまいとは!!! 肩ノ小屋は木造のしっかりした構造で、夜は雰囲気ありそうです。一泊して夜空を見たくなるのもわかります。
tanigawatzn.jpg
この登山ルートはロープウェイとリフト利用が入っています。ロープウェイ使わずに土合口駅の高度750m付近から登ることも可能ですが、その場合は、肩ノ小屋での一泊を前提として計画を組んだ方が良さげです。冬登山はまさに命がけ、、、冬期の登山はてれうさには無理だなと悟りました。トマとオキ間で滑落したら、ゆうに100m~落ちるので、まずは助からない。そう思います。

 山頂高 谷川岳 1977m
 タイム 往復7時間(ロープウェイとリフト利用)
 面白さ ★★★★★
 眺望さ 頂上からのスリルは随一
 難易度 ★★☆☆☆
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/