2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

富士山

8/5は富士山に子供たちと行きました。旅費をケチった結果、車でいける御殿場ルートを選択。登山ガイドを見ると8時間で山頂まで行けるとのこと。普段からいくつか山登りしている & 陸上部(中学生のときの話) という根拠のない自信もありました。

駐車場は一杯ですが、確実に駐めたい場合は、登る前日の夕方入りしておけば確実だと思います。見た感じ夜明け前から登る人が多そうなので、前日駐めがオススメかと。
P8053341_R.jpg
私たち3人は朝7時から登りはじめました。高度1450mからの登りスタートです。鳥居付近では協力金1000円の徴収をしていますが任意です。子供分の水分もと、4リットルのスポーツ飲料、行動食(おにぎり、朝飯がわり)などを詰めています。カメラも2台持ちするバカさ。のちに苦しむことになります。
P8053345_R.jpg
登り初めに山小屋がありますので、ここで確実に水分補給や携帯食などの買い忘れがないかを確認しましょう。この小屋を過ぎると、なんと7合目の3050mまでは全く何もございません(6合目に無人の避難小屋はある)。小屋を過ぎるとユルい登りがだらだら続きます。二ツ塚を左目に進みます。
P8053346_R.jpg
だんだんとガスってきます。
P8053350_R.jpg
真っ白www
P8053351_R.jpg
ただし、太陽光が遮られて、自然の大冷房という感じで心地よく助かります。雲の下が宝永山。ここは2600m付近です。
P8053357_R.jpg
しかし、てれうさここらあたりから足が持ち上がりにくくなり、極端に登るペースが鈍化。自分のリュックの重量を減らさねばと、長男にドリンクの運搬を委ねる、行動食を積極的に取るをしても回復せずに、子供らのペースに追いつけない。

しかも、ひどく足をつって15分以上悶絶したことで、こりゃダメだと子供たちを先に行かせることに。ここからは一人歩きになったわけだけど、6合目付近では雨が降り始める始末、踏んだり蹴ったりさー
P8053356_R.jpg
子供たちから1時間以上遅れて、7合目のわらじ館についたのは14時過ぎ。わらじ館から山頂までは3時間近くかかるという(苦笑)
P8053361_R.jpg
山頂までいける気がしない。いまのてれうさペースで計算すると、山頂に着く頃は18時近くになってる(苦笑)

そんなわけで、わらじ館で小屋泊も考えたのだけど、予約で一杯とのことでそれも叶わず。富士山駅伝があるらしく、関係者の予約でどの小屋も満員御礼だったようです。
P8053365_R.jpg
帰りは大砂走りを体感。ふわふわの砂地をズンズン下っていけます。

御殿場ルートは長いっっっ!!! 登りが緩く長いので、体が高度に慣れやすくて高山病にかかりにくいというメリットがあります。我々3人の誰1人高山病にはかかりませんでした。御殿場ルートは小屋泊を前提に計画するか、日帰りなら朝4時前に登りだすべき。また、てれうさのように前日の睡眠時間2時間とか、朝飯抜きとか、ナメると、とんでもないことになります(笑) 水分補給が悩ましいですが・・・2リットル/1人は持っておきたいところ。天気はめまぐるしく変わります。眺めがよいときに写真を撮らないと、あっという間にガスったり小雨や雷鳴があったりします。雨合羽は必須。カメラ2台持ちとかバカでした。荷物は極力減らし、水分・行動食・雨合羽、携帯モバ充に重きを置きます。砂地で力を吸い取られるために、登山靴やサポートタイツの装着、ストックを積極的に使って体力の消耗を防ぎましょう。
fujisann.jpg
 山頂高 富士山3050mでリタイア(御殿場ルート)
 タイム 往復11時間
 面白さ ★★☆☆☆
 眺望さ 雲海の上に立つと鳥になったよう
 難易度 ★★★★★★★
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/