2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

Entries

赤城山から大洗へ

なんとなくお互いに最終章は大洗にいくことは分かっていますので、旅行二日目は大洗です。が、そのまま行くのも早く着いちゃうので、ちょっと寄り道。ヤマノススメ舞台にもなった赤城山に行きます。半ば強引に、てれうさが決めました(笑)

友人は昨日の谷川岳チャレンジの疲れが抜けていません。ビジターセンターのスタッフに確認したところ、「赤城山のひとつ地蔵岳は幼稚園児も登れる山で往復しても1時間かからんよ」との発言があり、登りが30分ならイケるんじゃね? ということで、八丁峠の駐車場まで行き、登り初めの高度を稼いだ上で、友人を巻き込みチャレンジです。

登り途中で撮った写真ですが、、、これからさらに霧深くなります。
P8183448_Ra.jpg
ガスっている山頂です。もはや見えるのは電波塔だけです(笑)
P8183453_R.jpg
あおいちゃんたちは冬の地蔵岳に、スノーシューを履いてのぼったわけだけど・・・どこを登っていったのかな?

引き込みが激しかった赤城の観光施設群。
P8183454_R.jpg
金曜日の平日だし、天気も良くない・・・ということもあって、客足はまばら。私たちは格好の餌食となったわけです(汗) 赤城山の登山バッジを買うだけのつもりが、いろいろとお土産買っちゃったい。そして、大洗に向かいます。

15時過ぎには旧アウトレットモール、現「シーサイドステーション」へ。
P8183472_R.jpg
「まいわい市場」さんへ。
P8183459_Ra.jpg
復活おめでとうございます。やはり、ここが定位置ですよねー 2Fのガルパンギャラリーも定位置に復活です。
P8183463_Ra.jpg
ココス道の看板も飾ってあります。友人はこのときのクリアファイルを全種類ゲットしていますからねぇ・・・流石です!
P8183464_R.jpg
しかし、シーサイドステーションのモール街は空き店舗が多く、そう容易い道のりではないなあという印象。イオンとともにモール再興を目指すポスターがありましたが、是非ガルパンとともに永らく続く施設になって欲しいです。そのためにも、ファンはちゃんと大洗に、というより、まいわい市場だけでなく、シーサイドステーションのテナントにお金を落とす必要があるわけです。

大洗駅ではラッピングバスに出会えました。これが、声優アナウンスで町一周のような観光案内があれば、500円ぐらい出して乗りたいっっっ
P8183474_R.jpg
お風呂までちょっと時間もあるということで、「ガルパン喫茶」さんへ。
P8183480_R.jpg
休日はなかなか入れないですが、平日なら余裕で入れますので、みなさんも有休とって是非平日に♪

シメの温泉は、言わずもがな「潮騒の湯」さん。
P8183484_R.jpg
ここでさらにお腹を空かせて・・・本日の夕食は「クックファン」さんで。
P8183488_Ra.jpg
念願の牛カツを頂きました。柔らかい・・・塩胡椒と、焼肉ダレの付け合わせでとても美味しい♪ いつも豚カツゆえに新鮮でした。

そして、翌日も大洗確定ですので、水戸市内の格安ビジネスホテル5000円/2人に泊まりました。私はいつも通り爆睡でしたが、友人はなかなか寝付けなかったよう。安いものにはワケがある・・・を実感したホテルでした。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/