2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

谷川岳へ

友達と富士山登山の計画をしていたものの、17~20はことごとく天気が良くありません。で、少しまともそうな天気のところは谷川岳でした。8/17(木)朝5時にいつものローソンで待ち合わせして、谷川岳のヤマノススメ舞台めぐりといきましょう。

土合駅には8時着。ここは無人駅でして、地下のホームまで立ち入りができます。よって、わざわざ下り電車に乗って来なくとも、モグラ駅を体感できます。
P8173389_R.jpg
ホームから見上げた階段・・・450段弱あり、まさにプチ登山です。
P8173393_R.jpg
土合からロープウェイ乗り場まで歩いて行きます。30分かからないぐらいです。
P8173396_R.jpg
ロープウェイから乗り場を見下ろしています。
P8173398_R.jpg
ロープウェイ施設は、車だと駐車場料金¥500かかりますが、土合に駐めて歩けばタダです。歩ける人は是非(笑)
P8173401_R.jpg
天神平はガスってました。霧雨も舞い始めています。天神峠観光リフトに乗って高度を稼ぎ、標高1500mからの登山スタートです。霧雨が体を冷やすため、2人ともレインジャケットを羽織ります。
DSCF8020_R.jpg
クサリ場が何カ所かあります。しかも、雨で滑りやすい。レインジャケットのサウナ効果で汗をかくかくwww 2人とも汗だくです。
DSCF8023_R.jpg
行程の約半分となる避難小屋、高度1450mに着きました。アレっ!? 登山開始が高度1500mだったのに、下がっている?
DSCF8026_R.jpg
登山開始から尾根歩きですが凹凸があって、避難小屋までは高度を稼げていないどころが失っていたのです。
tanigawatr.jpg
そして、避難小屋からが、きつい登りが始まります。2キロ歩きで500mの高度を上げる必要があります。ずっと登りが続き、平地がほとんどなくなりました。

十分な睡眠や、朝食を取れていない友人はさらに苦しそう。途中でゼリーやカロリーを摂取してはみますが、ペースが維持できません。登るのがしんどそうです。14時に山頂というのが登山の鉄則。12:30で高度1640m、ずっと続く岩場をみた友人はここで下山を選択しました。そして、まだ余力のあったてれうさは肩ノ小屋まで行ってみることに。
DSCF8032_R.jpg
小屋についたらトマノ耳が見えてる! と、テンションあがりトマノ耳へ向かいます。

トマノ耳から、オキノ耳も見えてる! と、テンションあがりオキノ耳へ。オキノ耳からトマノ耳を撮った写真です。
P8173418_R.jpg
どっちの頂きも、落ちたら100m以上滑落www助からないだろうなあ~ と足がすくむところです。当然ですが、転落防止柵なんてありません。これ、冬登山は命がけでしょう。。。電波が入らないところがところどころあり、さらに恐怖をかき立てます。

あれだけ曇って濃霧だったものの、山頂ではふいーっと雲が抜けて、景色が一部見えたのが良かったです。太陽光がしばらく照りつけて暑かったwww
P8173424_R.jpg
たまらず、小屋でバヤリースオレンジをがぶ飲みです。気さくなおっちゃんが対応してくれました。

ここに泊まって、星を見る・・・なんてことしたら、さぞかし綺麗だろうなーと。今回はほとんど濃霧の中を進む登山で精神的にも疲弊したけど、快晴の機会で登れる機会があれば再び登ってみたい! それほど、今回見られたのは一部の景色ではありましたが、絶景でした。とある山ガールが「谷川岳大好き~」と、ずーっと叫んでいたほど綺麗だった、ということです(笑) 急いで下山して、天神平で待つ友人と合流。染み入るソフトクリームを頬張って土合駅まで戻りました。

登山後の温泉は、「まんてん星の湯」です。土合駅からはちょっと西に20分ほど車を走らせる必要がありますが、良質の綺麗な施設です。電気自動車用の急速充電施設もありましたよ。
DSCF8044_R.jpg
体が肉を欲している! ということで、ココスで互いに肉料理でお腹を満たします。

引きの強い友人が、今日の泊まり場所であるホテルサンダーソンを引き当ててくれ・・・
DSCF8045_R.jpg
そのまま布団に横になれば、あっという間に意識を失いました。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/