2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

富士山へ

8/5, 8/6は富士山に行くと決めてました。しかし、ノロノロ&長寿の台風5号が九州に接近中。富士山からは遠いところにあるのだけど、湿気た空気を運んでくれるおかげで山天気の予報は曇り。でも、雨じゃない。

子供たちは「眺望良くなくても登りたい」。その言葉に押されて、金曜日の23時に名古屋発。富士山が近くなってから天気みて考えよう、悪天候なら大洗に行こうみたいなノリで東に向かいました。谷川岳、武甲山、筑波山、劔岳、、、各場所天気よくなく、どこに、と決めかねたままの出発です。ああ、今回も行き当たりばったりだ。

新東名の清水PAで眠気を感じて3時間弱寝てしまい、起きたのは4時過ぎ(笑) そしてそのまま西に走り出すと、うっすら富士山のシルエットが見えたのです。これは行くしかない!!! 登山口において御殿場ルートを選択したのは、マイカーで行けること、そして、何より、時間をかけて登ることで高山病にかかるリスクが少ないことを重視しました。3人いると誰かが高山病になる可能性が高くなるから。
P8053341_R.jpg
とてもよい天気。朝6時すぎの駐車場は一杯ですが、なんとか駐めました。確実に駐めるなら深夜入りするのが良いのでしょうね。ここ、以前、友達とトレイルランしにきたとこです。

朝6時。鳥居前で、おっちゃんが富士山保全協力金(1000円/1人)を呼びかけていたので、(子供の手前もあり)お支払い。登頂祈願も兼ねてです。そしたら、おっちゃん「写真とりましょうか?」と、気持ち良く送り出してくれました。支払わずに通り過ぎていく人もいたので、あくまで任意なんでしょう。

1450mからスタートです。ここの駐車場は5合と記載があるけど昔で言う2合なんだって。山頂まで高度差で2300m、歩く距離は10km以上・・・遠いな(笑)
P8053345_R.jpg
そう、このときはスゴイ余裕がありましたwww

二ツ塚をみながら登ります。
P8053346_R.jpg
現役の水泳部である長男が、早く先行します。

途中、霧か雲か・・・白いモヤの中を進むことが大半を占めてきます。やっぱ天気予報通りだったか。。。富士山は9時過ぎ始めると、霧や雲がかかりやすい、、、それは三つ峠のときに分かっていたはず、、、でも、やっぱりそうなりました。

てれうさ、違和感が登りはじめから2時間で始まりました。すぐに息が上がり、足が重たいぞ。スポーツ飲料を5リットル背負っているからだ(笑)
P8053347_R.jpg
時折雲がばあって晴れて視界が広がったりすることも。2000mを過ぎると、気温がほどよく落ちてくるので歩きやすいです。
P8053350_R.jpg
しかも、8割ぐらいが霧の中の進行で、太陽光が照りつける時間が短いことが救いでした。

2500m付近からは足が上がらない。朝ご飯はしっかりと食べているし、アメやハイチュウなどの糖分を補給しつつ登っているのにです。となると、エネルギー補給の問題ではなく、筋肉の問題? 筋肉繊維の大半が切れてしまった・・・そんな感覚です。さすがにドリンクを5キロ背負っているのが辛いので、子供たちに分配して持ってもらうことに。

宝永山より高くなったぞー 雲海が下にある・・・不思議な光景。
P8053357_R.jpg
てれうさ、歩いて標高2500m超えるのはおそらく、はじめてなので、テンションあがります。これまでの登山歴で一番高いのは車山とか大菩薩嶺の2000m級です。しかし、ここ富士山は力の入らない砂地で、力が吸い取られるよう。砂浜をダッシュするとスゴイ疲弊する、あんな感じです。てれうさの、最初軽視していた違和感が不安にかわります。

ここらあたりから、子供2人のペースについて行けなくなり、2700m付近で酷く足をつって、登山道の脇で15分以上悶絶したことで、子供たちだけで7合目の山小屋まで先に行くよう指示します。さらに、てれうさのスマホのバッテリ残量が10%を割った! 予備バッテリーは絶対に持って行かなくてはと前日からフル充電して準備していたのを、車内に忘れたことが、さらに精神的な追い打ちをかけてきます。スマホ切れたら、救援要請もできんし、人ともすれ違わなくなったら、ここに取り残される。子供たちは山小屋に泊まるお金も持たせてないぞ(笑) 精神面でも追い込まれます。

朦朧としながら6合目到着。てれうさフラフラです。
P8053356_R.jpg
足は頻繁につりだす始末(こむら返り、しかも両足を複数箇所、何度も)。10分登っては悶絶し、10分登っては休憩し、10分登っては悶絶し・・・を繰り返します。気分はいたって普通なので、おそらく高山病ではないのでしょうが、何しろ、足が思い通りに動きません。腰から下が自分のモノでないようです。

時計を見る気力すらないわけですが、14時に山頂到達は無理だというのはわかります。さらに、追い打ちをかけるかのように、雨が降り始めました。カッパを出して羽織るも、「あ、ザックカバー忘れてるwww」。しかし、冷たい雨じゃないのが救いで、ほてった体を適度にクールダウンしてくれる雨でした。御殿場ルートは人が少ないとはいえ、遅い私は、後続者に抜かれます。時間も遅くなり、抜かれる人数もだんだんと減ってきたーっ 自分より高齢のじいちゃん、ばあちゃん、女性にも抜かれていく・・・これが自分の現状なのかと、久々にズーンと落ち込みました。

子供たちから1時間も遅れて、7合4勺(標高3050m)のわらじ館に到着したのは14時過ぎ。つまりは登りはじめから8時間かかっています。本来はこの時間に山頂にいる見込みだったはずwww わらじ館から山頂までは3時間かかるとのこと。今のてれうさは、まったく行ける気がしない(苦笑)
P8053361_R.jpg
子供たちも疲れは隠せず、登りたいと降りてもいいで半々といったところ。わらじ館で担々麺とうどんを食べて、それはそれは長い休憩をしました。それほど、我々3人は疲労が溜まっていたわけです。今日の登頂は無理ー という空気が流れています。

そして、伝家の宝刀。「一泊して翌日登ろうか」という安直な思考になるわけですよ。わらじ館と、赤岩八号館に確認するも、3名を飛び込みで入れる余裕はありませんでした。8/6に富士登山駅伝競走大会があるとのことで、どこの小屋も予約は一杯だったそう。ああ、行き当たりばったりのツケがこんなところで(笑) 事前に富士山イベントを確認しときゃ、よかった。

以上、万策尽きまして、ここで登る行為は終わりにすることに。3000m付近で、小屋外で一泊する厚着は持ってないですし、子供ら巻き込んで安易な決断をするわけにもいきません。しかも、明日になっても、てれうさの足で山頂までいける気がしないwww それほど、自分の気持ちが折れてました。山頂があんなに近くに見えているのに。

トイレ利用は300円。てれうさ、不思議とトイレには縁がなく・・・社会の仕組みを知らない長女が「高い~」と言いながら利用していましたが(笑) ガソリンかな? 燃料を使用して浄化したり電気供給するシステムみたいだから、有料にしないと小屋維持ができないのは明白です。

帰りは大砂走りのルートをズンズン降りていく下山専用ルートです。降りる筋力はあるんだよなあ・・・ただ、ずーっと大砂走りなので飽きてくるというオマケつきですが(笑) ゲーターを持って行きませんでしたので、砂が靴に入りまくるまくる。でも、下りはやはり早いです・・・あんなに苦労して登ったのにと考えると余計に。外国人や駅伝関係者ががーっと走っていました。娘はズンズン降りる衝撃で「頭がガンガンする・・・」と。それだけ、大砂走りの距離も長いのです。

結果、登頂断念となったわけですが、一番くやしいのは山頂を夢見ていた子供たち。それが、まさか普段、登山しているてれうさ自身によって断念とは・・・親の面目丸つぶれじゃん(笑) 「最初に音を上げるのは長女だ」と見込んでいた自分が恥ずかしいわっっっ 自転車や徒歩通学している子供たちのほうが体力も筋力もあるのでしょう。気が向いたときだけに週末登山している"登山かぶれのてれうさ"には、そんなに体力も筋力もついていなかったー でも、「また行きたい。御殿場ルート以外で」と言ってくれたのが、唯一の救いかな。彼らの中でも、何か得られたもの、プラスだった楽しさがあったのでしょう。

登山後の温泉は、三つ峠グリーンセンター(笑) うれしいことに、まだヤマノススメ立て看板を置いてくれています。
DSCF4240_20170807215415ae8.jpg
近所の子供会かなあ・・・BBQで賑わっていました。410円で浸かれる温泉・・・癒されます。つりまくった足をほぐしながら、ゆったりと浸かりました。ああ、なんでこの足は動かなかったんだろうwww 厚い靴下をはいたおかげで、爪剥がれやマメは一切ありません。太ももとふくらはぎの筋肉が、つった感触がまだ残っています。

御殿場ルートは緩やかな傾斜をずっとジグザグに登る・・・簡単やん! とんでもない誤解でした。登りだけでも10キロあります。そして、その10キロに下りや平坦な箇所は一切なく、ずーっと登りです。さらに、登山道が砂地で柔らかい。足をかけてもズッと沈み込み、踏んだ感触が乏しくなることがさらに私の体力を奪っていました。このジャブの積み重ねが、2500mを過ぎたあたりから確実に効いてくるのだと、身にしみて分かりました。御殿場ルートは子供たち抜きで、個人的にリベンジはしたい(もちろん、山小屋利用前提で)。いかに、足の負担を減らすかがポイントなのですね。

【今回のてれうさ敗因】
・飲料を4リットル背負った → 早くに子供に分担させるべき
・車中泊と睡眠不足がたたった → 睡眠は大事
・山小屋予約をしなかった → 飛び込み可だろう
・涼しかったので水分補給が少なめ → こむら返りした
・足の筋力負荷軽減策ゼロでいった → 砂地を侮った
・登山前トレーニングをせず → なめていた、こむら返りした
P8063388_R.jpg
この苦いLINEの記録を残して、次の糧としよう。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/