2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

車検あがりぃ

車検がおわり、総額21万でした。
DSCF44758_R2.jpg
7年、7万キロ超えのフォレスターSH5ですから、各種ジョイントや、フルード類、ブレーキパット交換を勧められて了承。そろそろ10万キロも目前。安心して乗るためにタイミングベルト交換を追加で依頼して、大きくリフレッシュしてもらいましたのでこの額は納得です。タイミングベルトの交換だけだと10万円(分解に時間がかかり技術料が高い)。一緒にイカれやすいウォーターポンプを抱き合わせで交換すると+4万円が目安とのこと。今回はウォーターポンプのリコール対応が入ったため4万円は浮いたことに? 後ろのナンバー灯が不釣り合いな問題も、自分でランプを近似色に交換することで車検を通りましたので、2年後まではこれで一安心です。

リコールが3件の対応もしてもらいました。タカタ製の助手席のエアバッグは機能停止(エアバッグ作動時に金属片が飛び散り死亡しかねない問題)となったため、代替部品が入るまでは、助手席を使用しないでね 宣告となったわけで・・・タカタの隠蔽体質をみていると、日本人の事なかれ主義が悪いように出てしまった事例かと。湿気の多い地域に限って交換しちゃえばバレない、車の寿命は10年位だから廃車になればやり過ごせるだろう、みたいな甘い都合の良い算段が上層部にあったんじゃないかなあ。

今の車は、低コストをサプライヤに求めてくるため、サプライヤでは開発費が確保できずに、材料費や品質検査がおざなりになるなどの弊害が出るでしょう。その一端ですね、このエアバッグ問題。コスト重視で儲けるために、コントロールしにくい安い起爆剤を選んだばかりに・・・会社は破綻し、数万人にもなる従業員の人生設計を崩したわけで、ましてや、このエアバッグ不具合で亡くなった人、家族はやりきれないはず。

ま・・・しばらくは、助手席に人を乗せないようにしなくちゃ、です。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/