2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

Entries

命の重み

「八雲立つ」を10年ぶり以上で読み返しています。少女コミック系・・・てれうさの守備範囲だったわけではなく、奥さんが持ってきているコミックのひとつです。多くのストーリーを忘れていて、読み返すと新鮮な気持ちで読める点が不思議です。

BL要素もほんの少しありながら、イケメン男子のオンパレード。でありながら、ストーリーは良くて見応えある作品。これねー、男子にもお勧めです。こういう男が女子の理想像なんだという、作者の妄想が分かります(笑)
DSCF7941_R.jpg
楠さんが言う、私の一番好きな名台詞があります。「人の命なんて物はナァ 軽いんだ! 軽くて安くてイヤになるぜ! だが・・・一度救おうとすれば、これほど重くやっかいな物もない-」

数億円の募金で移植が叶い救われるかもしれない命と、かたや、100円たらずの銃弾1発で断たれる命がある・・・世の中は、なんてアンバランスで、運や境遇に左右されるんだろう。。。住んでいる場所の違いで、地震や津波にあってしまうこともありますし、生まれた場所、住んだ場所、環境、友人関係、コネ(忖度)、、、様々な要因が複雑に絡み合いつつも、誰にも読めない「運」と相まって、私たちは一日一日を過ごしていることを再認識しなくちゃ、八雲立つの名台詞を反芻しながら、そう思いました。
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/