2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

Entries

尾高山

4/23、あまりに天気が良かったので登山したのは鈴鹿山系のひとつ、尾高山。

Googleでの「35.052791, 136.479373」に観光用の無料駐車場があり、20台くらいとめられます。ここから登山スタートです。
DSCF7603_R.jpg
駐車場には案内マップ。今回は行者コース~見晴しコースで戻ってきます。
DSCF7572_R.jpg
尾高観音に向かいます。
DSCF7575_R.jpg
この観音さんの後ろに・・・
DSCF7577_R.jpg
登山口があります。
DSCF7579_R.jpg
踏み跡はしっかりしており、要所要所でロープが張ってあります。小学生でも登れるコースです。
DSCF7584_R.jpg
が、10m近い崖を通ることもあり、あまり気を抜きすぎるのも危険です。
DSCF7585_R.jpg
案内版があり迷うようなルートではなく、山頂まで1時間とかからないでしょう。
DSCF7591_R.jpg
山頂には鉄製の展望台が設置されていて、ここからの眺めが良いです。後ろは釈迦ケ岳、前には濃尾平野が広がります。来た道を途中まで同じルートで戻るわけですが、頂上付近に「大石」の案内版がありますので、ちょっと寄ってみました。確かに、でっかい石がかなりの高さでそそり立っている絶壁があり、落ちたら・・・と考えると足がすくむ場所です。ここからの眺めもまたなかなかです。

長坂コースがロープ規制されているのか、ちょっと突っ込んで良いかどうかは悩みます。私は、見晴しコースですので、この分岐では長坂でないほうに進みました。
DSCF7593_R.jpg
確かに見晴らしはよいです。
DSCF7595_R.jpg
ただし、ここを過ぎると杉の木ばかりの林間コースとなり眺望はなくなります。
DSCF7597_R.jpg
ただ、うっそうと茂る杉により日陰歩きになりますので、気持ち良いです。
DSCF7598_R.jpg
山頂から30分ちょいで、アスファルトの林道に出ます。見晴しコースで尾高山に登っていく場合は、この赤ペンキの石が登山口の目印です。
odakayaa.jpg
今回のルート。林道のアスファルトを歩いているときに、ショートカットできるんじゃないかと×を描いた脇道に入りました。が、沢に着くと砂利道は消えました。戻るのもなあ・・・とそのまま沢渡りして突っ込みましたが、ここ道はありません(汗) ふかふかの斜面をひいこら、道なき道を漕いで進んでいますので真似されぬよう。。。青い道で戻ってください。

 山頂高 尾高山 533m
 タイム 往復2時間未満
 面白さ ★★★★☆
 眺望さ 釈迦ヶ岳、濃尾平野と眺望抜群
 難易度 ★★★★☆
スポンサーサイト
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/