2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

Latest Entries

四十九日

祖母の四十九日があり、関東へ。浜松の両親と合流して私の運転で向かいます。週末は台風襲来の予測。

到着時間が早過ぎそうだったので、三島のスカイウォークに寄りました。日本一の吊り橋があるとのこと。今日はこんな天気ですから少ないですが、週末は結構な賑わいです。
DSCF8248_R.jpg
コーヒーブレイク。
DSCF8245_R.jpg
さすが、オシャレな施設。母は感心してました。だって、ちゃんと生花です。
DSCF8246_R.jpg
天気の良い日に寄って、吊り橋体験してみたい。

そして今回の目的地に到着。

雨降る中、お墓前でお経、そして納骨。先に逝った祖父の骨壺と並ぶ。祖父母の面倒はここ関東の家族が見ていたため、晩年の2人の仲はわからなかったけど、ケンカも相応に多かったらしい。賑やかな生前、静かな骨。2人は静かに並んで眠っていく。それはそう遠くない、自分の両親も通る道であり、私もそうなる時期がいつか来る。だからこそ、毎日が記憶に残る日にしなくちゃいけない。

逝く数日前、祖母が娘に残した字。
DSCF8302_R.jpg
介護のお礼としてお金を包んで渡していたもの。最後まで日記をつけ、気丈だった祖母。認知症とは無縁で、頭はしっかり健康なまま、肉体が先に朽ちていくことに、思い通りにならずに悔しい思いをしたはず。。。最後は目を開けたまま、問いかけにも応えなくなり、息を引き取ったという。両親は、自分はどういう最後を迎えるだろうか。

祖母の過ごした家で親戚一同集まり、会食をしてバイバイ。次、集まるのは一周忌かー・・・1年後はあっという間にやってくるのだ。
拍手する

ローソン×ガルパン

ローソンに久しぶりに寄りました。

クリアファイルと、
DSCF8242_R.jpg
って、開封して使わないような気もしますが(笑)

ラバーストラップは、
DSCF8243_R.jpg
みほさんでしたっ! さおりんが出るまでー・・・

どこに飾ろうかな、鍵束だと汚れちゃうし(笑) 車内かな?

ガルパンコラボしていないローソンもあるので事前に調べてからいきましょう。
拍手する

短気は損気

車の運転で煽られて・・・が世間のトップニュースになり、てれうさも経験あるあるだなあ。自分は煽りこそしないけど左抜きはよくやってしまう。

ここはマリオカートですか(笑) と思わせる無茶な運転をする輩はごく稀にいるけども。ここ名古屋は車同士が車間詰めて走るし、チンタラ追い越し車線を走っていようものなら結構なプレッシャーを受けます。時速70キロでも車間ほんの2~3メートルとか。教習所では走っている時速ぶんの距離は空けようなんて習いましたが、名古屋でそんな車間を空けようモノなら、左抜きと割り込みの嵐になります。

ウィンカー出さずに曲がるとか、コンビニ駐車場をショートカットして曲がっていくとか、走行の多い時間帯車線で路駐するとか、ハイビームで走り続ける車だとか、高速渋滞時に路肩を走る車とか、マナー違反でイラっとくる車に遭遇することは結構あります。でも、最近は心理学の本を読んだからか、「イラッとくるときは自分がイラッとしたいだけだ・・・」と思うことで、くれぐれも自分が煽り運転をしないよう心がけています。心理学によれば、咄嗟にとか「感情的になる」ことはないそうで、自分が喜怒哀楽したいからそう振る舞うだけなんだ ということらしい。

「君子危うきに近寄らず」、「短気は損気」という諺があります。見て見ぬふりというのはできない! という考えもありましょうが、無用なトラブルを避けるためにも、やはり相手にしないのが一番です。危険運転する輩と張り合うことは自分もその輩と同レベルまで落ちてケンカしているのだと自覚して、深呼吸することが大事なんだと思います。

人間は自分の考えが全て正しいと思いがち。自分はこんなに気を遣って運転している"のに"、譲ってあげた"のに"礼もなしか・・・というように、"のに"・・・という愚痴が出ると、妬みや怒りに繋がりやすいのかな。他人の運転がどうだ ではなく、自分の運転が常に気持ちの起伏無く無事故で運転できてるか? それが大事ではないでしょうか。
拍手する

Girls und Panzer

がルパンデザインが、Tカードとクレカに登場しました。
http://girls-und-panzer.jp/pro_campaign.html
Tカードは早速ネット注文しちゃいました(笑)

クレカも多分、入会してしまうと思います。
拍手する

バースデー

久しぶりに早く会社を出て、ケーキを買いにいきます。

久しぶりに母校までいきました。
DSCF8233_R.jpg
建て替えが進み綺麗になってます。学生さんたちがサークル活動だったり、グループで学校出て・・・どっか食べに行ったり遊びにいくのかな?

20年前の自分もココを歩いていたんだねー・・・昔の自分に会えたら、どんなアドバイスしようー・・・って考えながら、ケーキ屋探し。もう夕暮れの閉店間際で見つけたケーキ屋のショーケースがカラばかり。どんどん検索範囲が広がり、駅4つムコウのお店まで歩きました(笑) 元陸上部のてれうさ、歩くのは大歓迎。それはもう懐かしく、にまにましながら周辺を歩いていました。

バースデー用のケーキ買いました。
DSCF8234_R.jpg
誰の誕生日かって? てれうさではないことは確かですよ(笑)
拍手する

日常

日常

【放映時期】
2011年4月

【ジャンル】
女子高生の日常

【思い出のリンク】


【てれうさ評価】
★★★★☆
さすが京アニのクオリティで、物語に厚みが出ています。たまに吹き出しちゃう、おもしろさ(笑)
拍手する

試験合格

会社試験、受かっていました。

満点と豪語したわりには、満点ではなかったわけで(苦笑)

読みの甘さが、自分に足りないところ? しょうがない。だって人間だもの。
拍手する

繖山(観音寺山)

10/8、快晴だったので有言実行で登山です。なんと、今回は大事件が起こりましたっ!

35.157979, 136.169045 繖公園駐車場に駐めます。野球用グラウンドがあり広い公園です。50台くらい駐められます。
DSCF8183_R.jpg
石馬寺、六所神社を目指して歩きます。
DSCF8185_R.jpg
亡者の辻? という立て札があり、今回目指す繖山にいくためには地獄峠を通過予定、、、ここは地獄に縁のある地なの?
DSCF8187_R.jpg
尾根までずうっと石段が続きます。石段のところどころに水の流れがあり、苔がむして滑りやすくなっています。是非とも慎重に歩んでください。下りは特に。
DSCF8189_R.jpg
雨宮龍神社からは尾根歩きになります。
DSCF8192_R.jpg
所々に木々のない場所があり、琵琶湖や町並みがきれいに見えます。
DSCF8199_R.jpg
うっそうと暗い地獄峠。
DSCF8201_R.jpg
しかも、地獄峠は分岐が5つ。夜登山したら迷うだろうなあ(怖) ん? 不動の滝まで400mかあ・・・じゃあ寄ってみようかー ここの決断が、悪夢の始まりでした。。。
DSCF8204_R.jpg
貯水タンクっぽい施設に行き当たり、凄まじく狭いフェンス横を通らされます。クモの巣は張りまくり、スズメバチは飛んでるわでなかなか進めない。しかも一部ヤブ化してる。マダニも怖いちゅーのに・・・
DSCF8207_R.jpg
不動の滝に到着。

お賽銭しようかなと、荷物を降ろす。そのとき、自分の白シャツを4センチくらいの尺取り虫が這っていることに気づく・・・ん、、、尺取り虫? ぎゃあああーっ、ヤマビルだっっっ!!!(ネットの写真でヒルの姿は知っていた)  ヒル対策グッズを持ってこなかったため、そのまま落ちてた枝で払い除けて駆除できずwww 両足の確認と、上半身ハダカになって吸血されていないかを半狂乱でチェック。不動の滝で上半身ハダカで踊っていたのは、てれうさです-・・・すみません(笑) って、誰もいなかったと思うけども。

ヒルはあの1匹だけだったか、ふー・・・ 地獄峠から不動の滝までがジメッとした道だから、そこのルートで拾ってしまったのかな。でも、そのルートを戻らなければならないのにwww
DSCF8213_R.jpg
地獄峠に至るために一度下っているので、再び登りが始まります。大してきつくもなく・・・
DSCF8216_R.jpg
案内版が多数あるので、迷うこともないかと。眺めの良い尾根歩き、途中、岩場からの展望も良い場所があり・・・落ちたら洒落になりません。
DSCF8217_R.jpg
景色を見ているだけでも退屈せず、ヒルの恐怖からも解放されます。

繖山の山頂へ。ここはあまり眺望は良くないです。で、観音寺方面に向かいます。
DSCF8219_R.jpg
佐々木城跡を過ぎて、ねずみ岩へ。
DSCF8221_R.jpg
案内がないのでどれが、ねずみ岩なのか分からないわけですが、、、きっとコレでしょう。この先端は切り立っており、落ちると洒落になりませんのでご注意を。
DSCF8222_R.jpg
ココを過ぎると観音寺の立派な参拝林道に出ます。疲れ切っていて、お寺に寄るのを忘れましたwww
DSCF8223_R.jpg
でそのまま下ると、観音寺参拝者用の駐車場にあたります。その駐車場に当たる直前に、右側に結神社に向かう林道がありますので、そっちを選択しました。ほぼ石段続きとなり、靴底が滑ったポイントがいくつかありましたので最後まで気が抜けません。
DSCF8226_R.jpg
倒木で塞がれていますがなんとか通れます。そして、結神社に到着です。
DSCF8227_R.jpg
あとはアスファルト道を歩いて、繖公園まで戻りました。
Screenshot_2017-10-08-21-04-29_R.jpg
日帰りの、お手軽登山できる所かと思います。景色は良いですし。

 山頂高 繖山(観音寺山) 432m
 タイム 4時間
 面白さ ★★★☆☆
 眺望さ 北の琵琶湖、南の町並み鈴鹿山脈が見渡せる
 難易度 ★★☆☆☆

 滋賀の平地に"ぽつーん"とある山だから、シカ等の動物の生息はなくヒルなしと判断したのですが、いらっしゃいました(笑) 人生初遭遇でパニックに。この山は水の染みだしや日陰のじめっとした箇所が多くあるのも一因かなあ。ただ、私が見たのは1匹のみでしたから、ヒルの生息数は少ないのではないでしょうか。
 また、観音寺城跡に寄ろうとしましたが、途中からヤブ化が酷くてヒルとダニが怖くて進みませんでした。バリエーションルートがいくつかありそうですが、このようにヤブ化して通れなくなっているルートがありそうです。雨宮龍神社から北に抜けるルートもあったので、この山は南北に縦走できそうです。
拍手する

弟の遺品

実家に弟の遺品があり、両親が使っていました。
DSCF7952_R.jpg
1996年のばよえ~んツアーか。。。灼熱のファイヤーダンスのテーマソングとともに流行ってましたね「ぷよぷよ通」。弟がハマってましたもん。毎日深夜まで連鎖の「ばよえ~ん」が自宅で響いていました(大学は弟と同居生活だったので)。

さて、今はどうだ? 長男は、学校の宿題やってない連絡が親まで連絡が来る状況www 「勉強しろやっ!」と言いたくもなるのですが、パスドラやっている姿が、ぷよぷよやっていた弟の姿と重なり何も言えない。

人生で後悔しないためには、いくつの楽しい思い出を死ぬまでに刻めたかです。それには、友人や仕事仲間、そして家族に恵まれるかが非常に重要で、そこにはコミュニケーション能力だったり、自分の決断が大事です。だからこそ、コミュニケーション能力が低かった私は、会社廃業はあるべくして経験したわけで。ただ、友達こそ少ないけども、今いる友達には恵まれたと思っています。

学歴はあるに越したことはないけど、人生を輝かせるのは学歴じゃなくてチガウモノなんだろう・・・そう思います。
拍手する

登山向きの季節に

涼しくなって、水蒸気が少ないからでしょうか、山肌がクッキリしています。写真は伊吹山です。まだ冠雪はしていません。
DSCF8169_R.jpg
こうなると俄然、山登りしたい欲が沸いてくるわけで。(鈴鹿山脈のヒルが怖いので)恵那山あたりかなあと思いつつ、そういや高山の氷菓巡りも、木崎湖での湖畔で紅葉とともにまたーりしたいな、とも思ったり、やりたいことは一杯です。

ただ、今年は週末天気になかなか恵まれない。今日と明日と雨www となると、富士山は今日あたり初冠雪?

来年こそは、富士山の頂上までっ、、、懲りずに御殿場ルートで(笑) それまで、ぜい肉落としと、筋力を少しでもアップさせるようにしなくちゃですと、低周波マッサージで腹筋動かしながらブログ書きしているわけで。低周波のピリピリ感がなんとも苦手なので、なかなか毎日筋トレとはならずwww オムロンのは5分程度で終了して毎回電源入れ直しが必要です。寝ている間もずぅっと低周波攻撃してくれるとかなりダイエットに効きそうなんだけど・・・って、寝られないか(笑)
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/