FC2ブログ

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

Latest Entries

恋仲終わる?

というのは長男の話。

自分は中学・高校と片思いはしてきたけど、告白することはなかった。異性と付き合うということを社会人になるまでしてこなかったので、恋仲が終わるというのはショックだろうなあと想像するも、その傷の深さはわかりえないし、共感もできないので、偽善ぶって同情したところで、かえって傷をえぐるだけと、黙って特になにも普段通りに過ごす。

てれうさは口下手だし、趣味もあるわけじゃない、会話も続かないから、仮に彼女と付き合うことになったとしても「退屈な男」と見限られ長続きしない。というのが薄々分かっているので、付き合いたいという気持ちまでは達しなかったんだなあとオクテといえば聞こえはいいけれど、単なるブロークンハートを恐れる臆病者なんだよ、てれうさ。

人を好きになるってなんだろうね、結婚ってなんだろうね、子供を産むってなんだろうね、死ぬってなんだろうね・・・そんなことをぼうっと考えつつ、かといって答えがあるわけでもなく。

ただ、傷を負うごとに強くなるとおもうので、どういう思い出に昇華させていくかで、自分の生き方も変わっていくのかな。
拍手する

有給消化の義務化

来年から最低5日は有給取るよう義務化されます。

働きた方改革イイですけど、仕事量減らさずにこういう施策は良くないですよ・・・休ませるなら仕事量減らさないと。会社も成長路線ではなく、つぶれないように水平保持路線でいいと思うのだけど。会社はどうしようが、潰れるときは潰れるから。自分も年間10日使えばいいところだもんなあ・・・なかなかフル20日は取れる仕事状況じゃないなあ(苦笑)

しかし、会社って不思議。働いているのは個々人なのに、会社が訴訟とかで出すコメントとかになると、会社が擬人化したよう。人事異動や解雇もすべて、会社通達。人ではなく、組織という実体のないものが、働く人の人事や給与を決めているのだ。会社コメントも、弁護人や誰かが考えているのだが、その人の名はでることがなく、会社の名前で見解やコメントが出る・・・会社という蓑に守られているのか、利用されているのか、誰も知る由もないのだけど。

そうそう、会社として禁煙方向に向かっているのだけど、禁煙に関する通達も会社からだもんね。喫煙しない誰かが、喫煙者の締め出しをしようとしていると想像するのだけど、それを会社という蓑で会社総意のごとく禁煙という・・・ね。個人から命令されるとムッとするけど、会社命令だったら仕方ない・・・という心理に付け込んでいてズルいなあと感じることもあります。自分はタバコを吸わないから関心もないのだけど。無駄ムラ排除しすぎると、つまんないよ?
拍手する

207スタッドレスに交換

サマータイヤからスタッドレスに交換です。

なぜなら来週は長野に行く予定だから。11月の長野は道路凍結が始まる時期です。愛知は1月になって降雪するのがほとんどですが、寒い時期にタイヤ交換はしたくないですからね。絶交日和、風なしの今日にやろうと思った次第。
DSCF0054_R.jpg
化粧ネジを外して、本ネジを17mmレンチで緩めます。
DSCF0056_R.jpg
ジャッキアップしてサマータイヤを外します。国産車とはハブの構造が違うので、タイヤも国産車に使いまわし不可。
DSCF0055_R_20181111215452a8e.jpg
古いタイヤはブレーキダストで真っ黒でした。
DSCF0057_R.jpg
スタッドレスに交換です。
DSCF0058_R.jpg
交換後にしばらく走行します。最後にネジの緩みをチェックして終了。

足にしっとり感が付いた感じで、燃費は落ちるでしょう、きっと。
拍手する

ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト

【放映時期】
2017年1月

【ジャンル】
駄天使?

【思い出のリンク】


【てれうさ評価】
★★★★☆
浜松が舞台ということで、うれしいかな地元です。
拍手する

207オイルフィルター交換、オイル交換

オド値 138000km、購入から約2万キロ走行したため、オイルフィルターの交換時期。と同時にオイルも交換で。
DSCF0050_R.jpg
六角レンチを底部に差し込み、オイル抜き。廃油はカーマで引き取ってもらう。
DSCF0051_R.jpg
さて、オイルを抜きながらフィルターも交換していく。
DSCF0036_R.jpg
バッテリー手前にあるエア取り込み口をすべて外して、
DSCF0052_R.jpg
エア取り込みのパイプもスポンと抜くと、
DSCF9698_R.jpg
オイルフィルターエレメントにアクセス可能となる。ネジと同じく反時計回りで緩むし、時計回りで締まる。
DSCF0037_R.jpg
27の六角レンチで外れる。外す際に「とぷッ」と地面にオイル垂れするので緩める前にオイルキャッチ箱か、段ボールとか、新聞紙を置いておくといい。
DSCF0047_R.jpg
古い汚れたフィルター。プジョー純正だったため、しっかりした作りのフィルター。フィルターにプジョーマークが入っていた。
DSCF0040_R.jpg
プラスチックのカバーのため、締めすぎなどに注意。万一、割れたら使い物にならなくなる。
DSCF0045_R.jpg
ボッシュ(BOSCH) オイルフィルター 1457429249、もしくは、OF-PEU-5で検索を。
DSCF0049_R.jpg
純正品とはちょっとフィルターの構造が違うので不安になるが、、、
DSCF0042_R.jpg
フィルターと一緒にゴムシールも入っているので新品に交換。ゴム周辺に新しいオイルをグルーっと指で塗って・・・
DSCF0046_R.jpg
↓ この状態そのままで車の取り付け部分にカポっとハメて、しばらくは手で回す。
DSCF0044_R.jpg
回しにくくなってきたところでレンチに切り替えて、アタリが出たところから、ちょっとグッと増し締めて終わり。

あとは、抜いていたオイルパンのネジを、ワッシャー取り換えて閉める。そして、新オイルを4リットル+α注入。しばらく走行後、オイル漏れがないことと、オイルレベルゲージで量を確認して終了やね。エンジンオイル交換後は分かるね、アイドリングが滑らかになるし、加速も僅かに軽くなる。

次回のオイル交換時期は、オド値158000km、または、1年後の2019年11月。プジョー207は、2万キロ、または、1年毎の交換だからだ。
拍手する

DIY塗装へ

コンビニ突っ込み防止柵にバンパーめり込ませて、剥げた塗装をDIY修理しました。
DSCF9887_R.jpg
やり方はSoft99などの専門ページが詳しいので説明は省略。用意するのは、耐水性の紙やすり、自分の車のカラー色スプレー、プラサフ、ぼかし剤、クリアー剤です。トータル4000円程度。

割れて塗装にヒビが入ったところまですべて粗いやすりで磨き、徐々に細かいやすりに切り替えて凹凸をなくしていきます。
DSCF9913_R.jpg
プラサフで塗装して、微小な凹凸を埋めます。乾燥したらやすりがけしてさらなる平らを目指します。

で、カラー色で厚塗り開始。ぼかし剤を使いながら、吹き溜まりができないようにしつつ、
DSCF9914_R.jpg
厚塗りしていく・・と。
DSCF0006_R.jpg
周囲との色差がなくなってきたら、クリアー拭いて・・・って、↓の写真は雨降っているなか撮ったので雨粒が見えますが・・・近づくと凹凸があるのがバレます。もうね、てれうさ、完璧仕上げにこだわらなくなりました(笑) 所詮DIYだと割り切ってあまり時間と労力をかけないことにしています。もちろん、4~5万かけてプロに頼む場合は、こんな仕上がりでは許されません。
DSCF0010_R.jpg
1週間後くらいの乾燥したところを見計らって、コンパウンドで磨いて終了。
DSCF0009_R_201811101145431d7.jpg
塗装したところは新しいので、少しテカリがあります。1mくらい近づくとここ塗装したなと、業界の人ならワカル。まあ、普段の走行場面では、後続車からは分からないレベルだと思いますが。

ここのバンパーはキャンプ時に、いろいろな物品を出し入れするときに、小傷がちょこちょこ付いていたので、そうコダワルところでもないかなと割り切り。2010年モデルで、今年入れると9年選手ですからね。そこまでお金かけて修理ってのもねーという認識です。

こういった板金をしなくて済むような軽塗装、ナビ取り付け、オイル交換、冷却水交換などは自前でやってみると、車に対する愛着も沸いて楽しいですよ。あと、自分でも意外に何でもできるんだなあー と自己自信にも繋がります。
拍手する

あんこう祭り、もうすぐ

大洗のアンコウ祭り、カウントダウンできる射程に入ってきました。今年は行けず、です。

ガールズ&パンツァーの最終章が盛り上がっていますので、今年も10万人以上は確実なのでしょう。宿もどこもかしも取れないですね、きっと。故に、去年は車中泊している人もとても多かったです。てれうさもその一人でしたけど。
DSCF8447_R.jpg
↑ 昨年のアンコウ鍋。長女の高校受験のときには、クックファンにてカツカレーを食べたおかげもあって、志望校に合格したこともあり、今年もゲン担ぎにカツ食べには行く予定です。冬になるとアンコウ鍋が恋しくなりますし(笑) 

大洗とのめぐりあわせから始まり、プジョー207たんも茨城で買いましたし(笑) これは、車になんかあったら茨城に修理に行けるなという口実づくりだとも言えます。購入店の修理代が良心的なので、その差額で大洗観光や美味しいものも食べられるわけです。例えば、名古屋で修理すると4万円かかるところ、購入店では2万円で修理なら差額が2万・・・その分、ガソリン代と高速代、食事も4回分は出せます。

なぜ購入店が安いかというと、中古パーツや、リビルド品で修理対応してくれるから。また、作業も手馴れていて作業時間も短縮できるからでしょう。いろいろな出会いをくれている大洗に感謝です。
拍手する

イグニッションコイル交換

207(GT、A75F04)、14万キロ。加速が今一つというモヤモヤもあって、イグニッションコイルを新品交換しました。4本全部。
DSCF0035_R.jpg
ボッシュ純正品、品番は 0 221 504 800 です。
DSCF0034_R.jpg
ヤフオク利用で、4本で14000円程度。一本4000円しません。
DSCF9861_R.jpg
ケチらずに全部交換します。
DSCF9867_R.jpg
体感できるほどの違いがあったかというと、う~んどうだろう。

若干、キレが、トルクが厚くなったような・・・そう思い込みたいプラシーボ効果かもしれないし(笑)
拍手する

RaceChip PRO2

プジョー207 GT(2010年後期モデル6MT、A75F04)にサブコン(RaceChip)付けました。ヤフオクで2万円だったし。もうね、中古車13万キロなんでやりたい放題。

新車だとサブコンでパワーアップするとディーラー保証しませんよとか、エンジンに悪いよとか、いらぬ違う気を遣ってしまうわけですが・・・中古車だから、そのままエンジン全開逝きなさい(笑)
DSCF0015_R.jpg
RaceChip GTSが本命、だけど8万円・・・車体価格38万に、8万円のサブコン付けて効果がなかったら泣くに泣けない。と、冷静に考えて、旧世代のRaceChip PRO2にしました。BWMと共同開発の直噴ターボ車なら大抵このサブコンが付くので、同時期のMINI、シトロエンの1.6ターボなどに、この旧世代サブコンは取付可能です。かたや、新世代のRaceChipは取付車両を、メーカとエンジン種別で完全に限定されてしまうため、サブコンを使い回できないデメリットがあります。
DSCF0014_R.jpg
前所有者がどんなサブコン設定にしているかわからないので、しっかりと確認します。星ネジで4か所外せば・・・
DSCF0011_R.jpg
基盤にアクセスできます。B1にセットされていました。出荷デフォルト値です。取説に従いこの左ネジを調整することで、パワーアップ度合をチューニングできます。右ネジは調整禁止なので、変更されませんよう。
DSCF0013_R.jpg
車体とRaceChipとの接続イメージはこんな感じ。
racechipsetu_R.jpg

エンジン停止して全てのドアを閉めて、ボンネットだけ開けた状態でロックして15分待ちます
。エンジン切ってからすぐ接続開始すると、車がエラーモードになる事例があるのだとか。

DIYでやっている記事を探したのですが、ネットには皆無www 取り付けたよの事後レポートがあるだけで取り付け方を指南している情報がありません。それだけ、サブコン利用者が少ないことと、みんな店舗で取り付けをするのでしょう。接続端子の一個が、エアクリの裏にあるっぽい情報を、ようやく先日探し当てました。

さて、車にある2個の端子にアクセスしなくてはなりません。一個は下の写真赤丸で囲っているエキマニのすぐ目に見えるところにあるもの。もう一個がねぇ・・・とてもアクセスの悪いところにあります。エアクリーナーボックスの裏に隠れています。エアクリつけたままだと手が入りませんし、コネクタがしっかり噛んでいるため外せません。
DSCF0017_R.jpg
T20の星ネジで、エアクリボックスネジを3か所外します。
DSCF0016_R.jpg
レンチが入らないので、六角ねじの頭を、自転車用の工具を使いつつクルクル回します。
DSCF0018_R.jpg
ガコッと上部が取り外せます。エアクリのパイプを固定している金属バンドは緩めておきましょう。
DSCF0019_R.jpg
エアクリのエレメントを取り外して、下部のエアクリを固定しているネジが左に1個隠れているので、慎重にそれを外します。ネジは緩めすぎても落ちない仕組みになってました。そのネジさえ外せば、下部のエアクリプラスチックもバコっと抜けます。ただし、エンジンが邪魔して完全には外れなかった。

エアクリの下に、3Pコネクタがあります。
DSCF0025_R.jpg
おさらいすると、簡単にアクセスできた4ピンの①と、エアクリの下に隠れている3ピンの②に、付属の配線を挟み込みます。逆差しできないようになっているので、ハメられるようにハメてOKです。
DSCF0027_R.jpg
↓ 挟み込みが終わった後の写真です。挟み込んで干渉することでRaceChipは、車のブースト圧を低く騙させます。車側はもっとブーストかけなくちゃと勘違いして、ブースト、トルクを上げる仕組みなんだとか。
DSCF0028_R.jpg
コネクタ4か所が緩まずしっかり噛んだことを確認します。特にエアクリ裏はそうそうアクセスできる場所ではないですから、スポンと車両振動で外れないように確認してください。そして、配線を束ねつつ、RaceChip本体を車に取り付けます。
DSCF0029_R.jpg
まだ仮配置ですが、、、RaceChip本体をドコに固定するかはしばらく考えてみます。ビニール袋に入れているのは防水対策です。エアクリなどを元に戻して、ネジや接続忘れがないように確認してから、エンジンをかけてしばらく走行してみました。

【結論】
吹けあがりが良くなりました。エンジンが軽く回るようになったので、エンジンの回転数に比例して加速もUpしていく感じ。ただし、劇的に良くなったというわけでなく、ちょい良くなったじゃん というのが正直なところ。ただ、つけた直後なので、まだインプレには早いのかも。ECUが学習するのに2~3日かかるという話もあり、RaceChipの真価発揮は週末なのかもしれません。

取付はエアクリの取り外しに手間取って2時間弱でした。バコバコ外しているうち、他のプラスチック配線を痛める可能性もあるので、自信がない場合は専門店かプジョーを熟知しているお店に取り付けを依頼したほうが無難です。
拍手する

福岡出張

仕事で福岡へ。今回は滞在時間の兼ね合いで新幹線での出張です。運転好きの私からすると、車で行きたい・・・

1人だとガソリンと高速代で割りが合わないうえに、3倍弱の移動時間がネック。旅行イベントをつけれればテンション上がって車で行くのだけど、単独で出張だけなら新幹線だなと、冷静判断で新幹線をチョイスです。

14番線に寄って手を合わせてから、博多行きに乗ります。
20181102_084730976_R.jpg
今回初、「スマートEX」を使っての新幹線キップ取りにチャレンジしました。
20181102_111032755_R.jpg
取引先が福岡、大阪となり、これから新幹線出張が多くなりそうな予感でキャッシュレス化です。

みどりの窓口で並んでキップ発券も面倒だし、並ぶ時間寝るほうに費やしたいし、現金足りないからと銀行に引き出しに行くのも手間だし・・・スマホやパソコンでクレジットカードでキップがとれるなら楽だもんね、座席替えもできるしさ。結果、とても楽ですね。。。手持ちのマナカ(交通系ICカード)があれば、チケット予約後にICカードタッチで乗車できます。カードタッチして入場すると、乗る電車の時間や座席場所のチケットが改札機から発券される仕組み。

そういや、新幹線で九州に行くのは初めて!? 停車駅が多いのに驚きです。名古屋-東京だと、ものによっては品川しか止まりませんから。京都・大阪・神戸・・・・と結構停車します。下関の関門海峡に差し掛かろうとしたとき、ワクワクしてカメラを握っていたのですが・・・新幹線って、ここの海峡はトンネルなんですねorz 小倉前までトンネルが続くので九州に入ったことが分からない(笑) 車だと橋通過で絶景なのですが。

ウエストで釜揚げうどんを食べて今回はとんぼ返り。名古屋でいろいろとやらねばならないことが(笑) 四国といい、九州といい、こちらのうどんは美味しいです。人も優しい。
拍手する

Appendix

クーとぱにゃとパンミ雑記

クーるチックパンヤ

Purple Town

Tiger Run Page!

当サイトはリンクフリーです。


http://teleusa.blog22.fc2.com/